« こんなに小さかったのかあ | トップページ | 本屋さんが無くなる日 »

2010年4月27日 (火)

平和と和平

ニュースを見ていてふと思いました。

和平って英語でなんて言っているんだろう?

そもそも違いは?

戦争がない穏やかな状態を「平和」

ひどい状態から平和に向かうのが「和平」

つまり、静的状態が「平和」、動的なのが「和平」。

立松は和平。

たとえば恒久平和、和平交渉。

恒久和平、平和交渉とは言わない。

英語ではどちらもPEACE。

NHK放送文化研究所のHPを見ると平和と和平のような漢字をひっくり返したペアがたくさんありました。

材木・愛情・育成・移転・異変・運命・鋭気・栄光・液体・演出・王国・王女・会議・外国・会社・階段・害虫・回転・解読・外部・格別・学力・楽器・観客・感触・間食・奇数・急性・牛乳・制圧

意味が異なる場合もありますね。

|

« こんなに小さかったのかあ | トップページ | 本屋さんが無くなる日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48196726

この記事へのトラックバック一覧です: 平和と和平:

« こんなに小さかったのかあ | トップページ | 本屋さんが無くなる日 »