« 春の野田ヘ、ふたたび | トップページ | 地方に巣くう保守の怖さ »

2010年4月 5日 (月)

亜硝酸ナトリウム

最近、ガンを発表する人多いですよね。

昔は不治の病だったから隠していたのかも。

でもガンになった人は増えているような気がする。

いやあ実際、増えているとも聞きます。

本当か?

以下は素人の感想を書いたものなので間違っていると思う。

たとえば他の病気が克服された分、ガンくらいしか残っていないとも考えられる。

もしそうでなくて増えているとしたらどうでしょう。

日本人の場合、胃ガンは減る一方で、大腸ガン、前立腺ガン、乳ガン、子宮ガンになる人は増え、肺ガンで亡くなる人が増えている。

この中で理解できるのはウィルスや菌による子宮頚ガンと胃ガンくらいか。

大腸ガンは欧米系の食生活か。

他はなんだ?

空気が悪くなったり、タバコを吸う人が多くなったか?

いや30年前まで方が格段にひどかったはず。

僕が小さいとき(40年くらい前)でも、魚の焦げたとことか、実験の石綿金網、たき火を見ると「ガンになる」と言ってた覚えがあります。

いずれにしても今気を付けることは食べ物くらいしかない。

僕が小さい頃は、チクロなんかの甘味料や着色料に発がん性物質が入っていました。

最近は、発色剤の亜硝酸ナトリウムが有名。

ハムやソーセージをピンク色にしています。

アミン類といっしょになるとニトロアミンという発ガン物質に変わるそう。

これは米国では子供に禁止だったと思います。

これも騒ぎ過ぎだとかビタミンCといっしょに食べれば問題ないとか説がある。

そうでないと逆にO157など食中毒が発生するらしい。

他にもいろいろあるから食べるものなくなっちゃうし。

子供の頃にかなり僕の体に入っていて、今になってガンになっていると思う。

われわれ大人はもう遅いということか。

今更バカみたいに気にしてもしょうがない。

まあ、できることと言ったら、子供にお菓子などジャンクフードを食べさせないくらいか。

スーパーでハムの裏を確認したところ、亜硝酸ナトリウムが入っていないものもありました。

まあ気持ち的にはそっちを選んでおくかあ。

|

« 春の野田ヘ、ふたたび | トップページ | 地方に巣くう保守の怖さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48009046

この記事へのトラックバック一覧です: 亜硝酸ナトリウム:

« 春の野田ヘ、ふたたび | トップページ | 地方に巣くう保守の怖さ »