« 肩身を広くしたバンクーバー朝日軍 | トップページ | 本屋大賞の天地明察 »

2010年5月28日 (金)

力士と暴力団

暴力団が「維持員席」で相撲観戦していた問題で2親方を処分が出されました。

報道されてあわてて処分した感じ。

事業仕分けになったら大変だし。

転々売買される商品の末端まで責任を持たせるのは酷な気がします。

でも、協会も暴力団との関係を断ちたいという意気込みも感じられる。

ということは今まで歴然とあったということか。

少なくないと思うよ。

少し前、都心のおしゃれな複合ビルに食事に行きました。

すると明らかに若い衆が何人か見張りをしていました。

誰かなと思ったら×海が来ていました。

聞くと学生時代の友人が暴力団の組長らしい。

本人もやんちゃだったという話。

お店も気にいられて両国の場所中には必ず来るらしい。

そういう友人と関係を断つのも難しいとは思う。

組長にしてもタニマチ気分で存在感を周りに示したいと思うはず。

お店の関係者に聞くと、かなり迷惑しているらしい。

他のテナントさんも営業妨害だろうな。

その後、引退して正直ほっとした人は少なくない。

当然に友人関係は続いているはず。

この場合はどうなるの?

|

« 肩身を広くしたバンクーバー朝日軍 | トップページ | 本屋大賞の天地明察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48482139

この記事へのトラックバック一覧です: 力士と暴力団:

« 肩身を広くしたバンクーバー朝日軍 | トップページ | 本屋大賞の天地明察 »