« 力士と暴力団 | トップページ | 立川市砂川 »

2010年5月29日 (土)

本屋大賞の天地明察

2010年本屋大賞の冲方丁(うぶかたとう)著「天地明察」を読み終わりました。

天体少年だった僕には面白かった。

途中までフィクションだと思っていたら実在の人物なんですね。

文学としてはどうかと思いますが、ライトノベルの書き手だったんですね。

どうりで読みやすかったです。厚いですが。

本屋さんではどこでも山積み。

やはり本屋さんの機能としては、こういう選択機能がないと生き残れないということでしょうか。

一流文学賞とは違うのはいいと思います。

今までだったら埋もれてしまったかもしれません。

読者は「映画化されたら誰だろう?」って思うはず。

僕はなぜか中越典子が浮かびました。

なお、東京天文台ではこの本に関係する資料が展示されています。

|

« 力士と暴力団 | トップページ | 立川市砂川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48491004

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋大賞の天地明察:

« 力士と暴力団 | トップページ | 立川市砂川 »