« 私有のダム | トップページ | 会長のハナ毛 »

2010年6月 3日 (木)

あえて少し鳩山擁護論

鳩山さんも辞めました。

まあしょうがない気がします。

日本国中にはびこる旧自民党的な構造を破壊して欲しかった。

だから多少の失政には目をつぶるから1カ月でも長くやって欲しかった。

国民は気が短すぎるのではないでしょうか。

もう少し長い目で見ないとまた戻っちゃう。

今までできなかった事なのでそんなに簡単にできるはずないじゃないですか。

それはそうと僕は次の選挙どうすればいいんでしょうか?

みんな?

沖縄県民の反応もちょっとどうか。

結果だけを見れば怒るのは当然としても

彼なりに沖縄のことを真剣に考えてくれたのは確か。

たとえ無知で無能で、リーダーとして失格だったとしても。

今まで何もしてくれなかった自民党がそんなにいいのか。

少なくともそういう問題があることを知らしめてくれた。

だって本土の人なんて誰もそういう問題すら知らなかったか無関心だったわけだから。

そこらへんを心情的だけでも語ってくれる人は皆無なのか。

そんなのどうでもいか。

それともマスコミが伝えてくれないだけか。

残念です。

別の総理になっても変わんないと思う。

だって触れないほうがいいことがわかっちゃったんだもん。

誰も応援してくれない訳だし。

沖縄県民にとっては長期的に良くないことだと思う。

|

« 私有のダム | トップページ | 会長のハナ毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48535279

この記事へのトラックバック一覧です: あえて少し鳩山擁護論:

« 私有のダム | トップページ | 会長のハナ毛 »