« 世論の曲解 | トップページ | スウェーデンの共通番号制 »

2010年7月 8日 (木)

知的障害者に投票誘導

参院選の期日前投票で、授産施設の施設長が逮捕されました。

「美咲園」の公知的障害者に特定の候補に投票するよう働きかけたとした選法違反(投票干渉)容疑。

複数の入所者に候補者名を書いたメモを渡したり、期日前投票所へ車で送迎したりしたらしい。

市役所八代支所(元役場)に入所者約10人を連れてきた。

6人が読み書きが困難な知的障害者で、市選任の代理人が投票用紙に記入する代理投票で投票したそう。

この施設は、以前から入所者の投票率が突出して高かったという。

笛吹市八代町北の知的障害者授産施設、前島みき容疑者(49)。

前島容疑者は社会福祉法人の理事長である前島茂松県議(自民党山梨県連会長代行)の長女。

県議が理事長を兼任しているのも問題だと思う。

前島一族は町で古くから老人ホームなどを経営していました。

家族は一票の重さを知っている。

何故なら、前島県議はかつて1票差で敗れた苦い経験があるからです。

知事に立候補かという大事な時期だったにもかかわらず。

これで出世が消えてしまったのです。

県議は「お騒がせして申し訳ない。詳しいことは分からないので、いずれきちんとご説明したい」と話したそうです

が、わからないことは無いと思います。

みじめな浪人時代を思い出せば、選挙となれば家族総出になるはず。

お父ちゃん自身の選挙でなくても自民党県連の勝負だからです。

法人は「入所者が社会参加するために、投票したい候補を聞いた上で投票の仕方を教えたと思っている」などと話す。

きっとリハビリがてら「じみん」などと練習したんだろうね。

眼に浮かぶ。

でも重度の障害者が多く棄権している現状を見ると、少しは社会参加させる気持ちがあったのかもしれない。

前島県議といえば元郵政大臣Yの兄。

Yという芸名はもちろん出身町からとっている。

Y氏は自民党から新党大地へ移ったと思っていたら民主党で出馬している。

兄弟で違う訳かあ。

投票練習もどっちもやっていたらちょっと心温まるエピソードになりそう。(そんな訳ないか)

|

« 世論の曲解 | トップページ | スウェーデンの共通番号制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/48830470

この記事へのトラックバック一覧です: 知的障害者に投票誘導:

« 世論の曲解 | トップページ | スウェーデンの共通番号制 »