« 日銀に期待しない方がよい | トップページ | モナとフーミンと国生の夫 »

2010年8月26日 (木)

小沢一郎の出馬を歓迎するワケ

もうなんだか分かんない民主党。

小沢も出馬するようで、もう引けなくなったか。

「勝つ見込みがなければ出ない」などとわかったような解説もありますが、そういうのこそ小沢を神格化しすぎていると思います。

第一、小沢という人は党の人で政局の人。

権力争いが好きで得意なのだろうけど、政治家というか国のリーダーとしては結局何をしたいのかわかんない人。

まあ、二大政党で政権交代を目指すという大きな目標は達したわけだし。

閣僚経験だって中曽根時代に自治大臣+国家公安委員長を半年ばかりやったのみ。

行政の長としては未知数。というか経験不足。

僕も大嫌いですが、実は出馬もいいかなと思っています。

というのも田中政治を引き継ぐ最後の政治家です。

田中政治を利用し、支えた事はわれわれ日本人にとっての汚点。

これに総括するというか尻ぬぐう時期に来ている。

もし総理になれば、それがみそぎの時間。

もし負ければ、それで決別。

分裂したらそれもよし。

逃げられない、必ず通らなければならない。

そうでないといつまでも陰で暗躍する。

彼も68歳だから最後。

最悪なのは、菅が陰で操る機会を提供してしまうこと。

あるいは大連立などわけわかんない方向へ行くこと。

それにしても山岡賢次というのはじゃまな奴だな。

|

« 日銀に期待しない方がよい | トップページ | モナとフーミンと国生の夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/49267429

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎の出馬を歓迎するワケ:

« 日銀に期待しない方がよい | トップページ | モナとフーミンと国生の夫 »