« 朝日のホメオパシー追求 | トップページ | 今年も葉山で »

2010年8月 6日 (金)

長期金利低下

長期金利が1%を割りました。

マネーは日本の国債に流れている。

日本が決して良いわけではなく他に無いという相対的なもの。

利払いが減るからいいって?

一般会計のうち10兆円くらいを国債の利払いに支払っている。

金利が低いというのは確かに助かる。

でもこれ以上国債価格が上昇する余地はなくなったも同然。

ということは、後は落ちる一方。

もともと絶対的な価値があるわけではないので、そうなると売りが売りを呼ぶ。

一旦下がると暴落のトリガーになる可能性もある。

いよいよ終わりの始まりか?

|

« 朝日のホメオパシー追求 | トップページ | 今年も葉山で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/49075855

この記事へのトラックバック一覧です: 長期金利低下:

« 朝日のホメオパシー追求 | トップページ | 今年も葉山で »