« 映画「ザ・コーブ」を観てきました | トップページ | 山梨のプールに行きました »

2010年8月14日 (土)

幼保の学力差などない

7月31日の記事より。

全国学力調査の幼稚園と保育園の出身の学力差が出ていました。

幼稚園に通っていた子の正答率は、小6、中3とも全教科で保育所に通っていた子より高かったという。

でも幼稚園の教育が優っているとか、幼稚園を選択すればいいとはいえないと思います。

僕の経験からすると、小学生は親が勉強をみてあげないと絶対に伸びない。

まあ伸びなくたっていいわけだけど。

家でみてあげる時間に比例するのは間違いない。

幼稚園ということは母親が専業主婦ということ。

ということは家で時間をかけてみてあげられる。

仕事を持った親は少なくなってしまう。

その差が出たと思う。

幼稚園の教育がいいわけではない。

無理して幼稚園に通わせても、家でみる時間がなければ同じこと。

どっちにしろ高校生くらいになれば差はなくなると思う。

幼保一体に抵抗する文部科学省の意図が感じられる発表だな。

|

« 映画「ザ・コーブ」を観てきました | トップページ | 山梨のプールに行きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/49145838

この記事へのトラックバック一覧です: 幼保の学力差などない:

« 映画「ザ・コーブ」を観てきました | トップページ | 山梨のプールに行きました »