« 衣替え | トップページ | お茶とコーヒーの歴史 »

2010年10月29日 (金)

スーパー堤防よりも検死制度の拡充を

交際相手に自殺と見せかけて殺すという事件。

最初の被害者は練炭自殺とされて、解剖されなかったとのこと。

上野先生が言うとおり監察医を増やして、全国の異状死は全て解剖すべき。

現在は5都市のみで、実際に機能しているのは東京23区、大阪、神戸のみ。

この事件は青梅で起こったため見逃され、次の千代田区の被害者は司法解剖されたので睡眠導入剤が検出されています。

さらに2人も死んでいるので、最初の青梅事件がちゃんと調べられていれば3人は助かったかもしれない。

スーパー堤防より人を助けるかもしれない。

|

« 衣替え | トップページ | お茶とコーヒーの歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/49884832

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー堤防よりも検死制度の拡充を:

« 衣替え | トップページ | お茶とコーヒーの歴史 »