« 最も欲しいのは金森コーチ | トップページ | 消費者余剰を説明せよ »

2010年11月10日 (水)

やっぱり気持ちが悪い流出容認論

尖閣事件のビデオ流出。

国民のほとんどは歓迎し、流出もやむを得ないという雰囲気。

よくやったと激励とか、犯人探しするな、という意見も来るらしい。

隠した政府が悪いのであって、そもそも極秘なものとも言えないという。

一義的には悪いことであるが、と付け加えてはいるけど。

マスコミもだいたいそういう論調。

でもやっぱり変だ。

ヒーロー扱いなのか。

政府批判の道具なのか。

漏えいして良い訳ないだろう。

こんなこと許してはいけない。

組織として崩壊してしまう。

国家公務員であるのだから許せない。

権力と情報を持つのだから憲法をはじめとしてタガがあるはず。

だいたい中国へのカードを失ってしまったではないか。

外交や防衛にとって国民が見たかったのなんてどうでもいいことです。

なんか変だぞみんな!眼を覚ませ!

(秋葉原殺傷事件のときの派遣ヒーロー扱いを思い出す)

かつて戦争が始まったのはこういう雰囲気だったんじゃあないのか?

ジャーナリストや評論家が試される。

少なくとも鳥越さんは3流ジャーナリストであることが露呈しましたね。

|

« 最も欲しいのは金森コーチ | トップページ | 消費者余剰を説明せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/49992642

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり気持ちが悪い流出容認論:

« 最も欲しいのは金森コーチ | トップページ | 消費者余剰を説明せよ »