« 初詣 | トップページ | 想像の汽車ポッポが現実のリニアに »

2011年1月 1日 (土)

元日は小林一三

Dscn1955a 元日に韮崎を調査しました。

よく知らない。

まず、小林一三の生家跡。

河原部村(現在の韮崎市)の豪商「布屋」。

現在の「にらさき文化村」(韮崎市本町一丁目)の敷地になります。

明治6年1月3日に生まれたので一三。

韮崎学校のあと八代村の成器舎、慶応と進みました。

建物は、昭和44年4月に宝塚ファミリーランド内に移築されていましたが、阪神・淡路大

震災後に撤去されているそうです。

甲州財閥の小野金六の生家も本町通りにあります。

「富屋」という酒造業。

韮崎市民俗資料館に移築されています。

顕彰碑は若宮八幡宮にあります。Dscn1964a

本町の甲府信金の敷地には本陣の碑がありました。

旅館清水屋、井筒屋醤油店などが見もの。

富士川舟運が鰍沢から船山河岸まで延びました。

韮崎下宿には「鰍沢横町」という看板が立っていました。Dscn1967a

|

« 初詣 | トップページ | 想像の汽車ポッポが現実のリニアに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/50489853

この記事へのトラックバック一覧です: 元日は小林一三:

« 初詣 | トップページ | 想像の汽車ポッポが現実のリニアに »