« 竹居の星石 | トップページ | 正月の西湖 »

2011年1月14日 (金)

所得再分配に挑戦した伊達直人

伊達さんが分配しています。

募金したり寄付したりしている人はたくさんいる。

税金だって国家を通じて所得再分配機能をはたしているはず。

宝くじと同じく必ずしも対価で行動しているわけじゃない。

その行為自体に喜びを感じるのは同じはず。

それなのに何故タイガーの現象なのか?

「いつ・どこで・何を」がハッキリするのが気持ちいい。

自分で地元の児童養護施設にランドセルを持っていけば、この「いつ・どこで・何を」クリアできる。

共同募金もあしなが基金も間接的なのが気に入らない。

やった気がしない。

最近は効果がハッキリするのは重要だよね。

ちなみに、児童養護施設の子供って子供手当はもらえない。

|

« 竹居の星石 | トップページ | 正月の西湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/50585125

この記事へのトラックバック一覧です: 所得再分配に挑戦した伊達直人:

« 竹居の星石 | トップページ | 正月の西湖 »