« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

宮古島へ来ています

旅行に来ています。

宮古島です。

放射能から避難したわけじゃあありません。

那覇から50分。

やっと到着。

レンタカーを借りてちょっとドライブ。

来間島(くりまじま)への橋が素晴らしい。

エメラルド・グリーンです。

竜宮城というポイントから宮古島を見てみた。

与那覇前浜が見える。Dsc_0054a

東洋一だそうです。

トライアスロンもここを泳ぐ。

宮古には高い山がない。

川もないので海がきれいとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

国に補償を、が早すぎるぜ

早かったあ。

原発で放射能の数値が高くなった一報が出たとき、

茨城の農家。

テレビのインタビューで「国に補償してもらいたいです」と強く訴えました。

この時点では何もなかったんだけど。

この素早いモノ言いに違和感が残る。

まず、「東電に」というのがスジだと思う。

一義的には東京電力にであって、一足飛びに国という神経がわからない。

次に、まだ損害が出るか出ないか、風評の被害が出るか出ないかわかんなかった。

他の業種、たとえば漁業関係者や流通、飲食店、観光、旅館などでこういう事を言う人はいない。

現実に損害が出て、風評被害も出ている今になっても聞いたことがない。

みんな大変なところだけど、一丸となってガンバロウと言っている。

嘆く人はいるけど、こんなときに「国に補償を」と言う人は農家だけです。

やはり農家というのは補償を虎視眈々と狙っていると感じました。

まるで「とりあえず言って置け」という感じだったもの。

長年の知恵なのかもしれないけど、僕には長年の甘えに聞こえました。

落胆はわかるし、今なら言ってもいい時期と思うけど。いかんせん早すぎた。

実際に自殺してしまった農家の方も出てしまったけど・・・これは悲劇だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

ペットと刑務所

被災地の心配。

ペットはどうなるんだろうか?

気兼ねして車で寝る人もいるらしい。

これを教訓に飼う人はそのくらいの覚悟をして欲しい。

ペットも気の毒だ。

他にも刑務所や署内の拘留はどうなったのだろうか?

「逃げろー!でもおまえはダメだあ!」なんだろうか?

それとも「いいから、出ろ!」なんだろうか?

どっちも怖い。

この件ではニュースが出ました。

「福島地検いわき支部が、福島県いわき市内の複数の警察署で勾留中だった容疑者十数人を処分保留で釈放していたことがわかった。」

「15日に一斉にいわき市内の警察署から釈放された。逮捕容疑は強制わいせつや覚醒剤取締法違反などで・・・」

まあ恩赦みたいなものかな。

原発はどうだろうか?

福島第一原発から30キロ以内の屋内退避圏にいわき市内の3警察署は入っていないそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

パンキョウ教授

それにしても気付かなかった。

学部のときに一般教養科目ってあったよね。

いわゆるパンキョウ。

これどういう先生だったのかよくわからなかった。

数学、歴史、哲学、英語、第2外国語、体育・・・

でもちゃんと教授だったりしてたよね。

教科書なんかも書いていたし。

テレビに出てコメントしたりする先生もいました。

立派に学会で発表したり、学術論文書いていました。

さらに入学試験って誰がつくっているのかも知らなかった。

ところが専門のある先生とパンキョウの先生は格が違うということを知りました。

さらに准教授と教授の違いも。

今野浩著「工学部ヒラノ教授」は面白かった。

この本じゃないけど、入学試験はパンキョウの先生がつくることが多いとも聞きました。

ただし専門の先生も入試の監督はやるし、AOなどの面接やら大学院の選考もやるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

また津波が来たら・・・

集団移転の話です。

集団移転を受け入れを表明している県などもあるけど、そこまでは至っていません。

なかなか難しいでしょう。

一時移転ですら「逃げた」などと思われると心配していました。

この目的がはっきり知らされていないようです。

これまでまず老人、乳児や障害者、病人のためです。

そうすれば残った人たちが復旧に専念できる。

仮設住宅を建てる土地も限られている。

でも住む場所がないとスタートできない。

津波に襲われた平地の土地規制はどうなるのでしょうか?

何もしないと、そろそろ家を建てる人も出てくるのではないでしょうか?

これが復興の鎚の音なのでしょうか?

これは危険だと思う。特にリアス式海岸沿いの地域。

歴史的には、だいたい30年くらいで大規模な津波に襲われて多数の人が亡くなっている。

高い堤防や避難訓練は無力だということを知らされました。

こういう大地震の発生はべき法則が成り立つことはわかっている。

ということは大地震は明日また来るかもしれないのです。

余震の大きいのは1年後でも来る。

それは日本中どこでも同じことだけど、リアス式海岸沿いはそれとは違う。

その直下じゃなくても、遠い外国であっても被害を受けるのだから。

そんな悲劇が起ったときに「また助けて」とは言えないような気がするんだけど・・・

そうなったら「私はここで死にますから」とか「ここを離れられない」と言われても、こっちも困っちゃう。

まあ助けに行くんだけど。

もし居住不可などという規制をしたら私権制限したとして莫大な補償を求められる可能性もある。

だから強いことも言えない。

だからなんとなく誘導しようとしている(これが自治体や国の本音か)。

だから皆動かない(何かもらえると思っている)。

きっとこういう事なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

谷垣コミッショナー

もう自民党はダメだと思う。

きれいな作業服を着た谷垣総裁がテレビに出ているのを観て確信いたしました。

まったく空気が読めていない人である。

ズレまくっている。

もう見たくないと思う国民は多数だと思う。

じゃあ谷垣じゃなければいいのか?

最小有権者数県の石破、息子の伸晃?

やめてくれー。

民主党も終わっているけど自民党も終わっている。

終わっているといえばセリーグ。

というか巨人。

それから加藤コミッショナーってのも空気読めない代表だな。

次官になれなくてコミッショナーになった人だから。

推薦した王さんもちょっぴり責任あると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

山梨は被災者受け入れに消極的に見えます

どうも山梨県民は人ごとのようだ。

被災者を暖かく受け入れたという話が聞こえてこない。

民間も行政も。

小瀬の武道場くらいか。

これじゃあ被災地と同じじゃあないけえ。

他の県はもっとやっているぞ。

しかも手厚く。汗を流して。すばやく、ちゃんとした受け入れをしている。

冷たい県民と思われているぞ。

いつもの排他的な県民性が出てしまっているのか。

これじゃあ「残念な県民」だと汚点を残す。

もっと行政も動いた方が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

温泉地の放射能

放射能が検出したらしい。

まあどうってことはない。

山梨の増冨ラジウム温泉。

金泉閣だと130ベクレル。

そういえば竜王町にラドン温泉ってあったね。

温泉放射能っていうらしいよ。

健康に影響なんかないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

被災地にモノを送る

今日、定型郵便(角型3号)で送ってみました。

何を入れていいのかわかんない。

第一、届くかもわからない。

食べ物はあるという報道はあります。

テレビを観ると何故か皆さんちゃんとした服を着ていますよね。

もちろんガソリンや灯油、電気は足りないと思うけど、送るわけにはいきませんし。

それで、手紙を送り、返信用の住所を書いて切手を貼ったハガキと封筒を入れました。

郵便局の人に聞くと、移動の郵便局が回っているので返信はできるのではないか、という。

それを待とう。

あと、高性能な耳栓、子供用のマスク、生理用品など・・・

それから郵便局でいい情報を得ました。

普通郵便でも結構な大きさの荷物を送れる。

最大の長さが60cm以内かつ3辺の合計が90cm以内で4kg以内の箱なら。

実際に郵便局で売っていて箱自体が140円/個。

中に入れる重さで料金は異なるという。

これならゆうパックのように取り置きにはならず、避難場所で相手を探して渡してくれる。

3つ買った。

こんなものがあればいいだろうなあ・・・と想像しながら買い物してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

届かないゆうパック

23日からゆうパックが再開される地域があります。

でも(宮城、福島、岩手)宛てのものは支社に留め置きとなります。

だから被災地の人が窓口まで取りにこないといけない。

僕も被災地の友達に送りたいと考えました。

今日になってネット上で名前を発見。家族も無事みたい。

避難場所はわかったので荷物を。

ところが電話で連絡することはできない。

窓口まで行ってもらうことはできない。

それで考えた。

普通郵便なら避難場所気付で行けるのでは?と。

連絡手段がこれしかないんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

プロ野球と大相撲はどうよ

セリーグは強行するらしい。

文科省に言われてちょっと遅らすけど。

批判も多い。

電力とかパリーグといっしょとかいろいろ。

まあナベツネが嫌いなわけなんだけど。

144試合して優勝したいんだろうね。澤村の活躍で。

賛成反対の話を聞いていても肝心の被災者の意見って何も出てこないけどどうなんだろう。

まあ聞くわけにもいかないか。

それにしてもすごいのは大相撲だよね。

白鵬の懸賞金の”一部”を寄付以外は全く何も出てこない。

協会もOBも力士もなにも。

デブなんだからかたずけにでも行けば?

役に立たないなあ。

モトクロスといい勝負か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

「私たちにできること」は復興税です

今回の大地震の復興には10兆円~5兆円はかかる。

阪神淡路のときは3兆円でした。

さてどうするか?

10兆円の震災復興国債で日銀引き受け。

もちろん財政法第5条で原則禁止されているけど特別決議で。

でもこれは危険。

債券市場がびっくりしてしまう。

金融市場へのメッセージとしてはよくない。

国債大暴落もありうる。

大地震の後に金融・経済の大激震になっちゃう。

これが復興税としての消費税アップならいい。

「日本国民はいざとなれば税で切り抜ける覚悟がある」

というよいメッセージを送ることができる。

将来の福祉も考えれば消費税アップはしょうがない。

これこそが「私たちにできること」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

地震後のアスベスト飛散に注意喚起を

大震災から1週間。

被災地を歩く被災者の姿があります。

心配なのはアスベストの飛散。

海水も乾いてきた今頃から天気が良くなるに従って飛ぶ可能性が出てくる。

これは目に見えない。

放射能も怖いけど、こっちも注意しないと。

阪神・淡路大震災のときも被災地域のアスベスト濃度は、長期にわたり高かった。

このときは70年代に建てられたビルからでした。

住宅でも屋根や天井、壁、フロアタイルなどの建材に使われています。

それ以外にも水道管、自動車部品、パッキング材など工業材料にも入っています。

家庭用品としても石綿織物やヘアドライヤー、トースターなどたくさん利用されていました。

避難のときは水で濡らしたタオル等で口や鼻を覆うことが必要です。

作業中も防御マスクをつけたほうがいい。

行政も報道もこうした点を注意喚起していない。

救助作業者や復興の作業者があとでガン発症などで苦しい思いをするのを出来る限りさけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

町ごと移住する

町ごと移住する。

今回の大地震と放射能漏れで考えてみました。

生まれ育った地域を離れることはできない。

共同体があるからです。

ではコミュニティを残したまま移住することはできるでしょうか。

むかしは開拓団や移民がありました。

満州やブラジル。

北海道や離島へも。

自然災害で移住したことも。

いくつか思い出してみました。

明治の頃まで大水害や台風の被害も多かった。

北海道には本州の地名そのままの地域があります。

それは村ごと移住してきてかつての名前をつけたのです。

もちろん山梨村という地名もあります。

後志管内倶知安町(くっちゃん)。羊蹄山の近く。

これは明治40年(1907年)8月の大水害で峡東地区の被災者が移住したものです。

西湖の民宿村もそう。

昭和41年9月の台風26号で壊滅的な被害を受けて

青木ヶ原の県有地に移住しました。

この災害で精進湖北岸の地域も精進湖民宿村(精進湖移住地)に移ったそうです。

最近では三宅島の島民が役所機能もいっしょに東京へ来ている。

山梨は空家率全国一位で人口も減少している。

村ごと受け入れを検討してもいいんじゃない?

牧丘とか。

問題は仕事がないことか。

漁業はできないし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

ケイタイは何故通じなくなるのか

大災害とかでケイタイが通じません。

でも何故なんでしょうか?

素人の僕が考えてみました。

今回の大地震でも通じませんでした。

ケイタイのアンテナは高い山なんかにあって津波で壊れるということはないと思います。

基地局とかが停電になった可能性もありますが数時間はバックアップ電源で動くはず。

最も考えられるのが通話が多すぎてダウンすること。

被災地も外部からも掛けるんだからありうる。

でもこういう場合は、ある程度の時間が過ぎた後は被災地からしか掛けられないようにすればいいんじゃないの?

全然通じないことに比べればいいよね。

それでも通話数が多すぎるというのならこの時間は末番号が奇数偶数とか、1と2とか整理すればできるはず。

不便だけどこれでも全然通じないことよりまし。

最後の考えられるのは、途中の1つでも中継局が破壊されるとつなげられないという事態。

これも第2、第3のフェール・ソフトやバックアップ機能をつくっておけばいい。

これはNTTなどの得意技だったんじゃないの?

それでもダメなら衛星通信をかます。

それでもダメなら無線。

むかしはアマチュア無線家が入ったはずだけど、ハム人口も減っている。

ところでトレール・バイクの愛好者って何やってんだろうか?

何も役に立っていない。

モトクロスとかやっている奴は家にいるのか?

トレール・バイクにアマチュア無線をつんだチームを組織しておいたほうがいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

いいから冷却水を投下せよ

原発はかなりまずいことになってきました。

もう水をかけるしかない。

効率は悪くても全体から冷やす。

素人でもそう思うのに、何故要請しないのだ。

まさか後で使えなくなるとかなんとか言ってんじゃあないよね。

夏の電力心配している場合じゃあない。

ハリウッド映画なら倒して海に落とすんだけど。

おとといくらいのニュースでは米軍が水かけに向かったとあったけどどうなった?

被爆しそうなので怖くなって帰ってきたか、日本側がちゅうちょして中止したのか・・・

最悪の事態になる前に決断せよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

デマとチェーン

友人にさっそくチェーン・メールが来たらしい。

幸い僕には来ていない。

そんな出す奴は信用しない。

こうした”善意の”チェーン・メールを出す人はだいたい共通している。

お人よし、世間知らず、ITにうとい、心配性、それでいて勉強はまあまあできた、おせっかいなタイプ。

こういう危機的な状況のときにアホな行動するんですね。

チェーンが来た人も今後友人選びを考えたほうがいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

スーパーにモノが無い珍百景

昨日、コンビニにカップ麺系が無かった。なぜかトマトも。

ホカ弁屋さんにも食材がないという張り紙が。

今日のスーパー。

いつもよりかなり多いお客。

惣菜、牛乳、卵、パン、缶詰、お肉、豆腐、カップ麺、ゴミ袋、お米・・・ない。

量販店には電池、ろうそく、カセットボンベ、ケイタイ充電器・・・売り切れ。

棚に商品がなくて茫然とする。

こういう光景はかつて社会主義国の映像をみて以来だな。

その前はオイルショックか。

あの頃と比べるとみんな冷静ですが、心は少しひっ迫している感じ。

やっぱり停電は効いたな。

仕事が終わって買い物にきた人は一瞬パニくると思う。負の連鎖だな。

スーパーさんかなりの売上だと思う。

心配は明日の入荷が来ないということか。

心理を冷やすためにも、流通業の意地で棚に並べて欲しい。

代わりに飲食店はガラガラでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

なるべく普段どおりやりましょ

天気の良い日曜日。

外出もできないので近所の公園へ。

被災地の状況とのあまりの違いに自分としてもがくぜんとします。

でも何もできない。

僕たちはなるべく普段のようにやりましょうよ。

肉体的にも精神的にも元気でいたほうが、被災地を助けられると思う。

経済的にも後方支援できると思う。

いっしょに不景気になるのは良くない。

カラ元気で。

テレビも行楽地も飲食も。

テレビ番組も普通に戻したほうがいいと思う。

お笑いだってCMだっていい。

不謹慎というのも不謹慎です。

そんなことわかっていて、あえてやるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

放送局よよく考えろ!

いろいろ書きたいことがありけど、書く気分になれない。

NHKの大津波警報の色はなんで白と赤なんだ!

放送局は何故、避難者の名前を聞いてテロップに出さないのか。

ただインタビューするだけじゃなくて。

公共の電波を私用にしないというのか。最大の公共ではないか。

被災地もそのに居る名簿をすぐ作成して、それを放送できるようにしておけばいい。

今後はビデオ・ジョッキーが各被災地に入って、

カメラを置いて来るようにせよ。

そうすれば電話が殺到するのは減るはずだし、安心もする。

被災地同士でバラバラになっても安心できる。

無用に探しにいくことだけは避けられるではないか。

ただヘリで映した被災地の映像を延々見せられても困る。

もうわかった。

全然役に立っていない。

ヘリの音がうるさくて救助にじゃまになるだけ。

ニュージーランドで取材規制していた理由がわからないのか?

不思議なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

やっぱり本当の地震が

水曜日のブログで書いた地震。

あれはほんの前兆だったのね。

やはりイルカの教えだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

10万円で総理を辞めさせる方法

次はこの人が総理大臣になるだろうなあ。

そうしたら1万円づつ献金しましょう。

在日外国人の方にたのんで日本人名で。

少額なのでチェックまでしないでしょう。

もし大臣になったら、生意気なので辞めさせたい。

「私は日本人じゃありません」「そんな法律知らなかった」と名乗り出てもらいます。

これはりっぱに違法ですから。

政治資金報告書を訂正したところで、違反は違反。

時限爆弾が爆発ですね。

ライバル政党に仕掛けておけばいっちょ上がり。

河野太郎は国籍をいちいち聞くらしいけど、本当のこと答えなきゃいいんだから意味ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

やっぱり地震が

今日(3月9日)11時45分に地震。

三陸沖で震度5(-)。M7.2.

一時津波注意報も出ました。

鹿島でイルカが打ち上げられていたのは数日前(3月4日金曜の夜)。

これのため?

5日は長すぎるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

刑事コロンボが終わった

NHKのBSでやっていた「刑事コロンボ」の全放送が終わりました。

旧シリーズ45話(1972年~1979年)、新シリーズ24話(1993年~)の全69話でした。

ふー。

見逃したのは1話。「祝砲の挽歌」

最初30分くらいを見逃したのが2話。

「構想の死角」(監督はスピルバーグ!)、「だまされたコロンボ」(新シリーズの傑作)

66話は完全に観ました。DVDにも。

旧シリーズでは70年代の雰囲気が楽しめました。

しばらく前にピーター・フォークは重度のアルツハイマー型認知症になったというニュースがありました。

今年84歳だからコロンボの新作はないだろうね。

楽しめました。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

日本でもイルカが打ち上げられた

3月4日(金)の夜のニュース。

イルカ52頭が砂浜に打ち上げられているのが見つかりました。

茨城県鹿嶋市の下津海水浴場です。

イルカの仲間「カズハゴンドウ」だそうです。

生き残ったのは22頭で30頭が死んでしまった。

ニュージーランドの地震の前にクジラが打ち上げられたので思い出してしまいました。

2001、02年の春先ごろ、同市南の旧波崎町(現・神栖市)の海岸にカズハゴンドウ30頭以上が流れ着いたことがあった。

小魚を追いかけて浅瀬に入ってしまったか、ウイルスや藻類が原因か。

国立科学博物館調査員が死因を詳しく分析するという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

守破離のツェッペリンを目撃した

今夜、僕はレッド・ツェッペリンを目撃しました。

クラブクアトロで。

VONZEPPというトリビュート・バンド。

ジミー桜井がギター。

こんなに上手なギタリストが今まで何していたんだろう?

ひたすらコピーの練習だったのか。

何百年も変わらず踏襲している祭りを感じました。

そういえば日本の伝統芸能や職人の世界では守破離という言葉があります。

師匠や先輩の芸を盗んでまねる。

それを何十年とひたすら続ける。

そのうち少しだけ打ち破る部分が出てくる。

個性というべき改良の部分が。

でも伝統は伝統なのでそれは守らなければいけない。

とくにお客や顧客が望むから。

最後の最後にやっと師匠から離れるときが来る。

ジミー桜井は今、破のところにきたのでしょう。

まあどっちにしても全盛期のZEPPを今日目撃したのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

おしっこの列のイーグルス

東京ドームでイーグルス。

ドン・フェルダーはいない。

トイレが行列です。

みんなビール飲むからなあ。

しかもオヤジは頻尿である。あれ老化とともに膀胱が縮むんかなあ。

3時間。

途中で休憩が入ってまたトイレ。

後半1曲目はどうでもいいので遅れた。

やはり「ホテル・カリフォルニア」はゾクッときました。

ヒット曲は多いし、みんな歌えてギター弾けてコーラスできる。

分担できるので楽だろうね。

ドン・ヘンリーは太った。

考えたこともなかったけど、フィル・コリンズはライバルと思っているのだろうか?

グレン・フライになるとカントリーが入る。

ジョー・ウォルシュになるとハード・ロックになる。

決してフォトジェニックじゃないけどみんな個性的で芸達者。

横並びに歌うグループってそんなにないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

たかがカンニング事件じゃない

ケイタイとネットを使った入試不正事件。

逮捕されました。

「たかがカンニング事件くらいで1面トップにするほどか」「連日のワイドショーで騒ぎすぎ」などと言う人がいました。

でも今回の事件は過去のカンニング事件とは違う。

つまり、エジプトやリビアの革命が日本ではちんけなカンニング事件として噴出したのです。

やろうと思えば情報は何でもできることがわかったんです。

同列で扱うべきなんです。

だから大事件なんですよ。

小さな事件と思う人は想像力が欠如している。

それから若者は記憶事は外部記憶しておけばいいと思っているらしいね。

これはある意味正しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

授業にクリッカー

ケイタイとゲーム世代です。

学生にリモコンを配ってクイズ形式で答える授業が広まっているらしい。

学生は毎日持ってきて、自動的に電波が出るので本当に出席したかもわかる。

手を挙げるのは恥ずかしい人も意見を出せる。

集中力を切らさない効果もあるようです。

先生も成績評価に加えることができる。

米国では多くの大学で導入されているという。

1つ数千円で事前準備も必要。

使う先生と使わない先生にくっきりわかれるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

フェルメールか?

青山学院大学の生物学者福岡伸一さんの発見?

フェルメール(1632~75)。

僕も好きです。

全部で30数点しかないので全部見るのを楽しみにしている人は少なくない。

17世紀は芸術と科学が盛んになりました。

生物学者レーウェンフックは顕微鏡でいろいろ発見していました。

1632年オランダ生まれは同じ。

フェルメールの遺産管財人になりました。

レーウェンフックは絵が下手でした。

専門の画家にスケッチを頼んだと記されている。

イギリス王立協会の書庫にスケッチは残っている。

福岡さんは調査しました。

息をのんだそう。

そのスケッチは1676年半ば以降、急に線が細くなってタッチは変化していました。

1675年12月15日フェルメールは亡くなっています。

以上は朝日新聞の記事より引用しました。

詳しくはANA機内誌「翼の王国」3月号に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

フットボールアワー後藤の突っ込み

すごいと思う。

フットボールアワーの後藤。

最近の突っ込みのキレが。

かなり面白いと思う。

4月から相当出るんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »