« 届かないゆうパック | トップページ | 温泉地の放射能 »

2011年3月23日 (水)

被災地にモノを送る

今日、定型郵便(角型3号)で送ってみました。

何を入れていいのかわかんない。

第一、届くかもわからない。

食べ物はあるという報道はあります。

テレビを観ると何故か皆さんちゃんとした服を着ていますよね。

もちろんガソリンや灯油、電気は足りないと思うけど、送るわけにはいきませんし。

それで、手紙を送り、返信用の住所を書いて切手を貼ったハガキと封筒を入れました。

郵便局の人に聞くと、移動の郵便局が回っているので返信はできるのではないか、という。

それを待とう。

あと、高性能な耳栓、子供用のマスク、生理用品など・・・

それから郵便局でいい情報を得ました。

普通郵便でも結構な大きさの荷物を送れる。

最大の長さが60cm以内かつ3辺の合計が90cm以内で4kg以内の箱なら。

実際に郵便局で売っていて箱自体が140円/個。

中に入れる重さで料金は異なるという。

これならゆうパックのように取り置きにはならず、避難場所で相手を探して渡してくれる。

3つ買った。

こんなものがあればいいだろうなあ・・・と想像しながら買い物してます。

|

« 届かないゆうパック | トップページ | 温泉地の放射能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/51215888

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地にモノを送る:

« 届かないゆうパック | トップページ | 温泉地の放射能 »