« アーウー総理はもういらん | トップページ | 馬鹿げている東電の無限責任 »

2011年5月16日 (月)

かなり被災していた茨城

昨日、茨城にいってだんだん気付いてきました。

地震の被害が大きいってこと。

内陸の笠間で。

最初は屋根の修理しているなあ、くらいしか思わなかった。

ブルーシートがあるなあと。

それで良くみると、「あっちもブルー、こっちもブルー、あそこの家は壊れている」と。

こりゃあひどいや。

屋根の修理は間に合わないぞ。

笠間、宍戸、友部と電車に乗りながら観察する青だらけでした。

ニュースではほとんど伝えられていない。

|

« アーウー総理はもういらん | トップページ | 馬鹿げている東電の無限責任 »

コメント

東北3県の被害があまりにも甚大でしたからね。マスコミもそちらを中心にやってましたね。でも茨城は被災地です。海岸沿いは津波にやられて復興に必要な建設機械も塩水かぶってるし、屋根はご覧の通りです。瓦屋さんはどこも数年先まで仕事がうまってます。古い瓦は作らないともうないのでそれも時間がかかるのです。もう片付けてしまったので気づかないところもありますが、ブロック塀も屋根と同じくらい崩れてます。墓石もめちゃくちゃに倒れました。今でも毎日のように余震があるので古い家はその度壁が少しずつひび割れたり、それこそ一気に崩壊すれば地震保険で建て替えなどもあったかもしれませんが、少しずつ、しかし確実に痛んでいくのでとてもたちが悪いです。

投稿: | 2011年9月27日 (火) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178596/51733375

この記事へのトラックバック一覧です: かなり被災していた茨城:

« アーウー総理はもういらん | トップページ | 馬鹿げている東電の無限責任 »