2008年10月 3日 (金)

ロビンソン・クルーソーがそんなにいいですか?

J-WAVE開局20周年だそうです。

最初はFM横浜のモノマネみたいに思いましたが、今は朝晩聴いています。

おとといだったかゲストの女性が野菜について話していました。

野菜ソムリエといえば長谷川理恵とか山口もえを思い出しますが、違う人だったと思います。

「縦長の日本にはたくさんの野菜があって、豊かでおいしくて楽しく食べられる。だから自給自足の生活を目指すべき。」みたいな意見を言っていました。

お役所の好きな地産地消とか自給率というのはさすがに言わなかった。

意見の前半は正しいとしても、どうして後半に結びつくのかわからない。

価格が変化してしまうことを無視している。

こういう人は、他の要因は止まっていて自分だけいいとこ取りできると思っているのかもしれない。

でも皆に呼びかけて多くのひとが自給自足を始めたら、前半に影響してしまうじゃないですか。

ロビンソン・クルーソーの自給自足が豊かでなく楽しくもないことは「交換経済」を説明するときに使われます。

保護貿易もおなじ。

こういう直感の誤りは、最近の食糧自給率アップという聞こえはいけど変なスローガンに通じますよね。

騙されてはいけません。

しかもこの食糧自給率という定義はカロリーベースにすぎないものです。

僕たち日本人は安くてたくさんの商品の中から選択を楽しんでいることを忘れてはいけません。

あの店、この料理はうまい、まずい、なんて言っている幸せは閉鎖経済には無いでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

タマホームのモデルルームはよし

日本の住宅って高い。

都会の土地が高いのはしょうがないとしても、田舎は安いはず。

でも建物は高いのでやっぱり高くなる。

少し前に住宅展示場に行ったけど、どこも最もいいモデルを見せる。

だいたい6千万円から8千万円。

これは敷地は別。

初回購入者には無理というもの。

土地持ちの親からの相続や2世帯住宅でない限り。

どうしてそんな高い方を展示するのかと聞くと「お客様の夢を与えるのも目的でして・・・」だそう。

それでタマホームを見たくなる。

みのもんたの。

東京ドームの

山梨に帰省の際に見てきた。

オール電化で坪25.8万円くらいだから1200万円前後(外構などは別)。

太陽光発電付きでも1600万円。

消費税込み。

プランは400種類だけど基本は3つほど。

木造軸組だから積水ハウスとかとは違う。

内断熱で床暖房がないのはどうしてだろう。

化粧台が狭く安っぽい。

整形で平地の敷地でないと厳しいだろう。

田舎向きで都会では無理だと思う。

それにしてもこの価格は魅力的。

見た目はそんな値段には見えない。

田舎で安い土地を買ったり、親から農地をもらって転用してしまえば家具なんかも新調しても1500万円で足りる。

しかも広い。

ほとんど稼がなくても生きていける。

なんということだ。

東京では無理というもの。

タマホームの安さを実感できるモデルルームはこれでいいんじゃないの?

ある意味夢を与えていると思う。

現実に山梨では年間150棟(500棟の聞き間違いだったか)購入されているらしい。

タマホームの家の性能が本当にいいのかわからない。

だけど、マーケティング的に中途半端なメーカーは苦しいだろうな。

努力が足りないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

東京のベッドタウンはどうなる

今日は神奈川を中心に乗り残しの旅です。

まず小田急線の唐木田。

多摩センターは通るけど盲腸のようなこの駅までは行きません。

多摩センターからモノレールで立川北まで。Dscn0834

八王子から横浜線で東神奈川まで。

横浜から市営地下鉄ブルーラインで新横浜までいって折り返して湘南台へ向かいました。

湘南台からは相鉄線で二俣川経由で海老名へ。 Dscn0837

小田急では東林間を乗り残しているので通って中央林間から田園都市線、長津田から再び横浜線で中山まで

中山から3月にできたグリーンラインで日吉へ。Dscn0842

日吉からはわざわざ目黒線で目黒を経由して帰ってきました。

今日は東京のベッドタウンを眺めました。

多摩の大規模マンションやモノレールや八王子あたりの戸建住宅。

湘南台やブルーライン周辺の新興住宅街。

どこも電車もありますが車中心の生活。

人口減少と高齢化でどうなっていくのだろう。

それから石油の高騰などが続くとライフスタイルも変わってくるかもしれません。

マンション等のチラシもいくつかもらいましたがリーズナブルなものもあって興味がでます。

でも買うかなあ。

遠い。

通勤時間1時間超というのはダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

デュアルライフを推進せよ

都会と田舎を行き来する「二地域居住」、デュアルライフが注目されています。

国土交通省によると2005年時点で100万人程度いるとのこと。

地方の人口減少に対して人口を増やそうとかいう努力があります。

いまだに社会資本整備型の工場誘致とかそのための道路整備という固定観念があります。

田舎の良さがあることを田舎の人は過小評価しすぎだと思います。

僕もそうですがセカンドハウスが欲しい。

7日のうち2日は田舎で暮らしたい。

観光ではもの足りない。

かつての別荘とは違う。ちゃんと地域コミュニティに参加する。

そうすると住民票は都会ですが、2分の7の住民税は支払いたいと思う。

昨日の朝日新聞には越後湯沢のリゾートマンションが人気だとのこと。

バブル期の10分の1の価格。

30万円から3000万円くらい。

総務省も推進しています。

地域ふるさとポイントカードをつくりました。

JR東日本の「週末は山梨にいます」は傑作だね。

山梨の人は知らないと思うけど、土曜なんて電車すごい混んでいました。

デュアルライフでセカンドハウスを進める人もいるけど、まだまだ現実的ではないと思います。

何しろ公共料金やら固定資産税やら電化製品、寝具、NHK、ネット料金まで2重で支払う必要があるのですから。

実際、車も1台常備が必要になるかも。

これは東京でローンを抱える世代には無理。

東京で家も買えないんですから。

どうしても退職世代になると思います。

やはり推進するのなら何か手当てが必要だと思います。

たとえば、不動産取得税や譲渡益税、固定資産税などをファーストハウスなみにする。

太陽光発電やオール電化の助成。

公共料金の固定部分の配慮など。

そうすれば介護や地域の力になると思う。

税金や消費も地域に落としてくれるかもしれない。

これは推進する価値はあると思う。

別に地方を救えという気持ちはないけど、都会の人にとっても必要なことだと思う。

デュアルライフまでいかなくても地方の観光には不満があります。

長期休暇で連泊してもらったりリピーターを呼び寄せる努力をすべき。

旅館や観光ホテルは1泊しか考えられていない。

食事なんて1種類しかない。

外人観光客でさえ著名な観光地ではなく田舎の普通の日本人の暮らしを体験したいと思うはずです。

そういう人たちはいっぱいいます。

情報も不足しています。

ネットやガイドにはしっかりした英語版が必要。

でも田舎の人は特別に英語を話す必要もないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

太宰の湯村温泉と山宮ハイタウン

昨日ですが湯村温泉に行きました。

旅館明治に行きたかった。

600円。

建物は古そうですが築50年だそうです。

太宰がいた頃の建物とは違っているのか。

館内にも太宰資料コーナーもあります。

お湯はイオウ臭がしていて質はいいなあと思いました。

温泉マップや太宰と昭和建築という小冊子を買いました。Imgp3925

湯村は温泉街の風情も残っています。

道が狭く、車を置けないのが玉にキズ。

それから北に並ぶ住宅群について見て見ました。

山宮ハイタウンです。

山梨の中では比較的良質な分譲住宅地域です。

高台で富士山と南アルプスの両方が楽しめます。

いいなあと思ってグルグル回ってみました。

高級そうでハイソな雰囲気です。建物も上品です。

これほど連坦している住宅街はないと思います。

住んでいる人で街はできあがるから、きっと良いコミュニティがあるのでは。

結構売り希望の看板が出ています。

なにしろ電線が眺望をじゃましているのが気になる。

それから崖を利用したガレージは1台分しかなくて路上駐車が多い。

高齢になると急な階段を上るのはつらいだろう。

子供も学校に通うのにチト大変そう。

そういう訳で山宮は愛宕山に移ってきているのではないかな。

くどいけど眺望は山宮の勝ちだし、建物の統一性も断然良いと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

鹿島臨海には平屋が多い

(日曜日のつづき)

水戸から鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)に乗ることにしました。 Imgp2867Imgp2876

地図なんかを見ると「どんな鉄道だろう」と想像したものです。Imgp2875

横乗りで内装は立派です。

ひたすら畑の中を高架で走ります。単線。ワンマン。

最近ローカル線に乗っている僕でもいいかげん心配になってくるほど田舎です。

それにしても畑も大きい。Imgp2886

田んぼでも果樹でもなく野菜か。

大洗になって住宅も増えてきた。海も見える。天気がいい。 Imgp2883

ここらへんは海沿いに人が住んでいるのかあ。

鹿島灘より進むと何故か平屋の家が目についてくる。

それも、わりとセンスよかったり、カラフルだったり、同じテイストの家が整然と並んだImgp2895り、別荘っぽい家もある。

「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅に近づく頃がピークとなりました。

分譲開発が進んだのか、別荘需要が高いのか、老後を鹿島で過ごすのがトレンドなのか。

風が強いからかもしれない。防風林みたいのもあったので。

でも海は電車からは見えない。むしろ北浦なんかの湖がいい。

なお1990年の開業時から2年間は日本一長い名前の駅でした。現在も2番。Imgp2896

もうすこし行くと鹿島サッカースタジアムが見えてきた。

林の中に忽然とと言う感じ。 Imgp2901

ジーコなんかも通ってきたのかなあ。

サポーターや対戦相手も大変だなあ。遠くて。

一番大変なのは対戦相手のサポーターだろうな。堅気の仕事なんかやってらんないだろうな。

この駅は鹿島臨港線という貨物の駅で、試合のときだけ臨時停車します。

終点の鹿島神宮。一区間だけJRです。

乗り継ぎまで40分もある。Imgp2906

せっかくなので鹿島神宮に参拝することにImgp2904Imgp2905ました。 Imgp2909

参道沿いの街並みも楽しめました。

古い食堂がありました。 

佐原経由で帰りました。 Imgp2917

結局、今日は10時間電車に乗ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

太陽光による電力を高く買ってくれい

尾瀬の東電小屋には太陽光パネルがあって、20%を賄っているとのこと。

今日の朝日新聞の記事によると、ドイツではこうした自然エネルギーで出した電気を固定価格で買ってくれるらしい。

しかも風力より太陽光のほうが高く買ってくれる。

1キロワット時で80円くらい。10年で元が取れます。

日本では27円。

この政策で設置規模は世界一になったそうです。

そういえば以前、テレビで風力発電に住民が共同投資する話を観ました。

さすがドイツ。

日本では環境カンキョウとか言う割りにそうした具体的な政策は聞いたことがありません。

なんでもっと積極的に進めないのかわかりません。

抵抗勢力がいるに違いありません。

オール電化やガスの家庭用エコウィルが増えています。

太陽光を併設すれば発電を売電に回すことができます。

一歩間違うと朝日ソーラーだけど。

そういえば山梨の実家ではむかしから屋根温水器(太陽温水器)があった。

明野などのように日照時間が長いからね。

新築を計画しているお家は太陽光を是非入れよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)