2010年6月 5日 (土)

ストレート・ネック

カイロに行きました。

骨盤がズレているのは原因があって、

背骨のほうの第1番がズレていて、それが筋肉で引っ張っているらしい。

ひどい肩こりも。

2番目と6番目の骨がズレているそう。

さらにストレート・ネックらしい。

つまり、正常なS字曲線ではなく真っすぐになっている。

最近の日本人は半分以上がこれ。

パソコンとか姿勢が悪い。

整形外科でレントゲン撮っても治療にはならないので気を付けて欲しい。

それより姿勢と枕が重要。

長年使っている枕が合わなくなってきている。

ストレート・ネックの場合はだいたい高すぎるし、窪んではいけない。

欧米人使用の窪みのある低反発の枕は最近の日本人には合わないそう。

だから朝起きるともう疲れているのかあ。

寝ている間も首が緊張しているのね。

そういえば寝返りもしなくなっていた。

こういう場合は、タオルを折って低い枕にするといいらしい。

早速やってみたら熟睡できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

二子玉川に無いもの

美容師さんから聞いた話。

普段は二子玉川のお店にいる。

お昼を食べるところが無いとのこと。

そんな事はないと思うけど。

「小じゃれた店とかマダム向けのカフェばっかり」で、ガツンと食べられないらしい。

「何しろ吉野家も松屋も無いんですよ」

「コメを食べないと夜までもたない」ということらしい。

調べたら本当に吉野家もない。

ついでに田園調布を調べたらやっぱり無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

美容院脳卒中が起こるらしい

きをつけ理容院は前向きで頭を洗ってもらいます。

美容院は後ろ向きです。

不自然な格好ですね。

それで美容院ではうっ血しやすく貧血や悪い場合は脳卒中を起こすそう。

「美容院脳卒中」というらしい。

事故数の割にあまり知られていない。

美容師のカリキュラムにはほとんど載っていない。

気をつけろと言われてもどうすることもできませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

お前の神経は死んでいる

歯医者さんに行きました。

別に何も問題はないのですが検診とクリーニングに。

僕の場合歯だけは小さい頃から自信ある。

レントゲンを撮ってみた。前回撮ったのは5年前らしいので。

そしたら、

「神経が死んでいますね。前歯の2本」

ハリセンボンかよ!

そういえばブヨブヨしているし時々腫れたりしたなあ。

膿の袋ができているらしい。

「神経取ったほうがいいですよ」と。

そう言われてもなあ。

別に不自由ないし、色変わったり取れちゃったりしても困る。

原因は何かにぶつかったかもしれない。

わざわざ取る理由がわかんなかったけど、若いうちにやるほうがいいと言われた。

歯医者さんって取りたくなるのかなあ。

体の中に死んでいるものが入っているのは気分よろしくないが・・・

結局、取った。

歯の後ろから穴を開けて何回か薬をつける。

麻酔は使わないのに全然痛くない。やっぱ死んでいた。

3日後に腫れてきて膿が出てきた。びっくり。

だからイヤダっていったんだい。寝た子を起こすようなマネして。

その後、腫れも治まりブヨブヨもなくなった。

でも色が変わる可能性はあるらしい。

当分通う必要もある。面倒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

公園にオトナのための器機を

年度末だからなのか近くの公園で工事をやっています。

遊具の塗り直しや新しいものもできているようです。

いつも思うのですが、公園にフィットネス系の器機も設置して欲しい。

たとえば、腹筋台にも使えるベンチや懸垂できる棒。

以前住んでた同じ世田谷内の公園にこういうのがあってジョギングの後に腹筋に使っていました。

足が引っかかるようになっているだけですが、背筋もできる。

家で腹筋もできますが、一人で背筋は難しい。

夜でも取り合いになるくらい人気でした。

時々ただ座っている人がいてじゃまでした。

そろそろオトナのための公園も考えて欲しいと思います。

どうせ予算を使い切るならね。

イヌ用とかは要らないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

豚ばらブロックのトマト風煮込み

豚の角煮をつくろうと思いました。

豚ばらブロックというのを買いました。

でかい。でも安い。

見るからに脂肪分が多い。

でもコラーゲンいっぱいというポップで自分に納得させる。

下ゆで90分+煮込み30分の計2時間。

昨晩、神保町で食べたチャーシューみたい。

それで急遽トマト風味に変えることに決定。

これが大成功。

ほとんどフランス料理。Imgp1277

バランスも考えてサラダも付けようと思いました。

それで春雨の中華風サラダにすることにしました。

春雨とかきくらげとかはスーパーのどこに売っているのか迷う。

野菜なのかなんなのか?

ナンプラーを入れてみたけどやめときゃよかった。

豚ばらの煮込み98点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

この冬は土鍋でおいしくヘルシーに

昨日は鍋でした。

牡蠣鍋か石狩鍋か迷ったのでどっちも入れることに。

今年は生サケがおいしい。

白味噌と赤味噌を合わせようと思ったのですが、スーパーには分けて売っている商品は少ないのを知りました。

東京では、そんなにこだわらないのかも。

そういえば油は使ってないなあ。ヘルシーとも言えます。

お肉もないし。暖かくて汗でるし。野菜は豊富だし。

味は寄せ地のほかにポン酢でもいいし。Imgp1109

鍋はおいしい。

最後にご飯を入れて雑炊にしてもおいしい。

なんか写真だと謎の食べ物ですけど。

我が家にも土鍋が完備されたので、この冬は鍋だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

顔が曲がっている人が多い

テレビのアナウンサーとかコメンテーター、解説者など出演者を見ると顔が曲がっている人が多い。

僕の友達でテレビを見ると「この人顔が曲がっているぞ」と言う人がいてそれ以来目につくようになりました。

テレビだと平面に映るからよけい強調されるのかもしれません。

日本人にはそういう傾向が出てきたのかもしれません。

噛みかたか、食事か。

カメラテストで見ないのかなあ。声とか感じ読めるとかだけじゃなくて。

俳優であれば気にして矯正するかもしれませんが、それ以外だと治さないかもね。

今度良く見てください。

気になりはじめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

ひどい絶壁頭の悩み

僕はかなりの絶壁です。

中学生のとき丸刈りだったのですが、僕とTは1・2を争う重症でした。

よく平手でペタっと叩かれました。

自分でも叩いてみます。

いい音します。

普段は気にしないのですが、美容師さんも心の中で「すごい絶壁だなあ。どうすればいいんだよお。」とつぶやいているに違いありません。

たまに両手で触ってみると、空気の無くなったボールのようです。変形してます。

ここまで凹んでいると、脳自体に影響が無いわけがありません。

それで後頭部の役割を調べてみました。かなり破壊されていると思う。

後頭葉といって視覚に関係あるみたいです。

どうりで目が悪い。子供の頃から・・・

何故、こうなってしまったのでしょうか。

むかしは子供用のわっかの枕なんて無かったんでしょうね。

それにしても親はどうして気にしてくれなかったのでしょうか。

それとも、まだ柔らかいときにどこかにぶつけたのかもしれません。

矯正器具とか手術とか無いのでしょうか。

風船やボールみたいに吹けば簡単にビコっと戻りそうですが、ダメか。

まあ、まん丸って人は少ないからいいや。

以前に、草刈正雄が役作りでボウズになったときすごいきれいな頭でガックリきました。

スキンヘッドの人で絶壁の人なんていないしなあ。

「もしハゲたら抵抗せず剃るう」とか言ったこともあるけど、これじゃダメか。

ハゲないようがんばります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

日本女性の足が曲がってる

じゃまする女性の話を書きましたが、また女性について書いてしまいます。

きれいな服でお顔もカワイイ女性が多くなっています。

ところが、残念なことに足が曲がっている方を良く見ます。

内股とか。

骨盤から捻っているような。

男性にはいないと思います(パンツだから見えない?)。

やはり欧米の女性ではほとんど見かけません。

日本の女性です。

ガニ股はさすがに若い女性には少ないですが。

何故ああなってしまうのでしょうか。

座り方?畳だから?遺伝?癖?かわい子ぶりっ子?そういう病?

カイロとかで矯正してあげたくなる。

股関節グッとね。

絶対にあれ運動オンチ。少なくとも体育会系ではないと思う。

スポーツはできないでしょう。

あれで走れるのかなあ。

歩き方が変な女性も目に付く。

顔とかはきれいなのに。

ウォーキングとかが流行ってもやっぱりダメなのか。

靴が悪いのかもしれない。

駅の階段をすごいパタパタ音出している人も多いね。

なんなんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)