2010年11月29日 (月)

宮古のブルースが来る

宮古の神歌が聴ける。

おばあちゃんグループ「ハーニーズ佐原浜」

案内役は前回と同じく久保田麻琴。

琉球のブルース、日本音楽のルーツだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

はしゃがないほうが良いよ山崎さん

宇宙飛行士が嫌いです。

「いろいろ事件が起きる中で宇宙飛行士の状況がニュースに流れるとマヌケに思えるのは僕だけか」と書いたことがあります。

アポロ計画のときは素材などに進歩はたしかにあったと思う。

システムとかORとかの新しい分野もできました。

コンピュータもね。

まあ戦争でも技術が進むこともあるからな。

山崎さんの話題も同じ。

なんかパフォーマンスみたいなことをやってくれるんだけど、もういい。

結局、何かわかったのかい。

金魚がどう泳ぐか?

彼女のキャリアアップの目標達成とか自己実現なんだろうけど、

税金1兆円近いお金を払っているとイライラしてくる。

山崎さんに罪はまるでないけど、時代が変わった。

そうっと帰って来た方がいいと思う。

借り物の宇宙飛行士はもういい。

技術はみんなアメリカに持っていかれるんじゃないの?

有人を日本だけで飛ばしてみろ。

もっとも事業仕分けの対象だからな。

他にやることあるんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

学問学学

放送大学というのを偶然観ました。

心理学の講座です。

古くは明治時代からアメリカに留学した先駆的学者についての足跡をたどるものでした。

まだ海外留学など一般的ではない時代に渡米して学位など取った話を聞くと大変だったろうなあと感心しますし、たいへん興味深く観てしまいました。

思っていた以上に心理学というのは古い学問だと再認識しました。

ところが何回か偶然観たところによると、この講義は延々とその手の話が続いているのです。

つまりこの講義は心理学ではなくて心理学学のようなのです。

僕は学者ではないので良く知りませんが、あらゆる学問にこういう分野はありそうです。

たとえば、経済学でもアダム・スミス以来の古典もありますし、ケインジアンとマネタリストの論争というのはそれ自体が重要な知識にもなりましょう。

科学の分野でも「科学史」というのがあるから、きっとニュートンとかガウスとかケプラーとかやってるんでしょうか。

いやいやアルキメデスからやっているのかもしれない。

もしかしたらガリレオなんかの宗教との闘いも関心があるかもね。

それはそうと学術論文というのは先行研究をしっかり調べないといけない。

一般の人が考えている以上に「先行研究から何かちょこっと」進歩するくらい。

びっくりするような発見とか過去の研究を全部覆すようなジャンプというのはほとんどないらしい。

そうなると若い研究者や学位が欲しい院生というのは「先行研究を研究」しがちになる。

ある高名な先生が講評で叱責気味に言った、

「君たちのやっているのは経済学じゃなくて経済学学じゃないか」

たしかにそう。言いえて妙。

でもジャーナルに高い確率で掲載されるには、そんな批判はもろともせず、先行研究にちょこっと上乗せした研究をするに決まっている。

だって時間がないんだもん。

でもこういった学問学を放送するというのはどうかと思う。

たいてい派閥の話で系譜とか弟子とかを贔屓することになっちゃうし。

古い学問であれば東大派に決まっている。

けっつまらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

驚愕の「恋のホワン・ホワン」

ニック・ロウ&ライ・クーダーが来日中。

元リトル・ビレッジでいっしょにやっていました。

パブ・ロックのニック・ロウはロックパイルの頃からファン。

「LABOUR OF LUST」(1979年)頃。

「Cruel To Be Kind」はi-podに入ってる。

これって三遊亭圓丈がカバーしている。

恋のホワン・ホワン』という曲名で!

なんでそうなのか師匠に一度聞いてみたい気がする。

当時、ニック・ロウを知っていた芸能人なんて沢田研二くらいしか知らない。

1980年1月に3匹目のパンダ「ホワンホワン(歓歓)」が日本に来たからかなあ。

これ最近CDとして再発されています。

シブトイ。YOUTUBEで聞いたけどいい味出してます。

それはともかく、ニック・ロウといえばニューウェーブ期のプロデューサーとしての印象が強い。

グラハム・パーカー&ルーモア、ダムド、エルヴィス・コステロなんかの。

そのあと、「Half A Boy, Half A Man」(半分大人?今回東京でもやった)でMTVでも観れた。

次はライ・クーダー。

ストーンズからルーツ・ミュージックまで。

「パリ・テキサス」のスライドもよかったし、「クロスロード」のブルース、最近ではキューバの「ブエナビスタソシアルクラブ」か。

デヴィッド・リンドレーと同じく沖縄音階もやっている。

そういえば映画「ストーリート・オブ・ファイヤー」もやってたね。

それにしてもデブである。

BBキングかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

理系政治家とミセス・ロビンソン

鳩山さんって東大工学部卒だけど学科はあまり知られていない。

計数工学科。

修士課程を飛ばしてスタンフォード博士課程へ。

専攻は経営工学。

ビジネススクールではない。

OR(オペレーションズ・リサーチ)を中心としたエンジニアリングですね。

留学は70年頃になるから、71年には今野浩氏がPh.Dを取得しているので知りあいかな。

日本料理店でバイトしていた幸婦人のほうが知っているかも。

当時のカリフォルニアで年下の独身男とつきあうなんてミセス・ロビンソンみたいだよね。まあ金星に行ったくらいだからね。

なお理系の政治家は、志位和夫(物理工学)、菅直人(応用物理)、不破哲三(物理学科、太田昭宏(土木)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

明治初期の甲府生まれの写真師

明治初期に活躍した写真師がいます。

日下部金兵衛

天保12年(1841年)甲府の生まれ。

イギリス籍のベアト・ワーグマンに師事。

明治10年頃に横浜の弁天通2丁目36番に金幣写真館を開業します。

成功して次々に支店を出します。

明治23年(1890)に本町通7番に移転。

着色した外国人向けの土産用の写真で大成功。

金幣アルバムとして人気が出ました。

その後絵葉書ブームに押されて大正元年(1912)に引退

2年後の大正3年(1914)に廃業。

晩年は日本画を描いて余生を送りました。

昭和7年(1932)4月、92歳で世を去りました。

横浜開港資料館や東京都写真美術館などに所蔵されています。

金兵衛が絹にプリントしたものがある。

きっと甲州財閥も撮ってるんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

ジョン万次郎記念館ができたよ

ジョン万次郎記念館の開館式典が行われたそうです。

ボストンのそばのフェアヘブンにあります。

ホイットフィールド船長の家でした。

だから正式名称はホイットフィールド・万次郎友好記念館です。

子供の定額給付金を寄付しました。

いつの日か子供と訪ねてみたいと思います。

定額給付金の思い出とその効果を検証しながらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

離島で思い出した玄界灘の沖ノ島のこと

離島めぐりをしていて思い出しました。

佐倉の国立歴史民俗博物館のあるコーナー。

玄界灘の孤島である沖ノ島を再現してありました。

僕はこの島のことを知りませんでした。

そのときは、まあ韓国に近いので間にあるということで、それなりの歴史や遺物もあるよなあくらいしか思いませんでした。

それで調べてみました。

すごい島ということがわかりました。

この島全体は宗像大社(むなかたたいしゃ)の神領で、住所は福岡県宗像市(むなかたし)になります。

無人島ですが神官が常駐しているそう。

神官以外は5月27日にしか上陸は許されず、抽選で200人が上陸できます。ただし、女人禁制なので男の人だけです。

17世紀に黒田藩によって「発見」されましたが一切口外が許されなかったとのこと。

戦後の調査で12万の古代祭祀遺物が発見されて全て国宝・重要文化財に指定されました。「海の正倉院」といわれるようになりました。

すごい話として、1905年の日本海海戦を神官が木の上から目撃しそれを日誌に書いているのです。

世界遺産にする運動があるそうです。

エジプト学者の吉村作治が提唱したそうです。

たまには良いことする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

山梨県で辛い料理を創作せよ

上海へ行って四川料理など堪能してきました。

やはり辛い料理はおいしい。

山椒、唐辛子を使います。

麻婆豆腐、麻婆茄子、坦々麺、回鍋肉、青椒肉絲、棒棒鶏、エビチリなどが有名。

日本では重慶飯店とか成都飯店とかいえば四川料理のお店になりましょう。

重慶は直轄地ですがもともとは四川省。成都は省都です。

何故、辛い料理が郷土料理かというと内陸の盆地で湿度が高く寒暖の差が激しいという気候からくるようです。

それで夏も冬も辛いもので食欲を出して健康に過ごすということらしい。

それもあってか女性が美人なことでも知られる。

海が遠いので食材は、野菜、鳥獣肉、穀類が中心。

四川省はパンダの生息地で大地震も記憶に新しいところです。

しかも山梨県の友好都市でもあります。

内陸で気候が似ているからかもしれません。

ということは山梨では四川料理のような辛い料理が合うかもしれません。

何も中華料理を流行らすことはないですが、参考にはなるはずです。

激辛料理でまちおこしはどうでしょうか。

ところで本当の四川料理と日本での中華料理は全然違うものです。

ホイコーローはキャベツがなく調理方法ですし、坦々麺には汁がなくジャジャ麺のようなのが本物。青椒肉絲は牛肉じゃなくて豚肉を使います。

どうして違ってしまったのでしょうか?

中でも四川料理が違っている。

それは日本における四川料理の父、陳建民(四川飯店のオーナー=鉄人である陳建一の父)が日本風に四川料理をアレンジしたことによります。

陳さんは、日本人の舌に合わせると同時に食材を一般的なものに変えて中国とは別の中華風な料理を創作したのです。

当時はレシピは教えないことが常識だったのですが、陳さんはそれを公開し学院を設立して教えました。

そしてNHK「きょうの料理」で中華料理を日本国民に教えたのです。

だから陳さんの創作的四川風料理が日本では一般的になったわけ。

やはり技術は継承しないと意味はないというお手本かな。

上海の友人に聞くと「四川料理とは別モノとすれば日本のものはおいしい」とのこと。

それでいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

僕の定額給付金の使い方決まる

定額給付金も決まりそう。

こんなの経済効果があるわけねえ。

もう遅い。

でも貰えるものは貰う。

それで使い方。

朝、起きがけに思いつきました。

あることに寄付です。

これができるか調べてまたご報告します。

うまく行かなかったら親にプレゼントかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧