2009年9月 5日 (土)

理系政治家とミセス・ロビンソン

鳩山さんって東大工学部卒だけど学科はあまり知られていない。

計数工学科。

修士課程を飛ばしてスタンフォード博士課程へ。

専攻は経営工学。

ビジネススクールではない。

OR(オペレーションズ・リサーチ)を中心としたエンジニアリングですね。

留学は70年頃になるから、71年には今野浩氏がPh.Dを取得しているので知りあいかな。

日本料理店でバイトしていた幸婦人のほうが知っているかも。

当時のカリフォルニアで年下の独身男とつきあうなんてミセス・ロビンソンみたいだよね。まあ金星に行ったくらいだからね。

なお理系の政治家は、志位和夫(物理工学)、菅直人(応用物理)、不破哲三(物理学科、太田昭宏(土木)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

どうもありがとうミスター・ロボット

加藤久仁生監督おめでとう。

「つみきのいえ」の紹介の映像の右下にはROBOT(R)と出ていました。

アカデミー賞の受賞スピーチ。

「どうもありがとう、ミスター・ロボット」(ややウケ)

STYXの1983年のアルバム。

「どもありがっとみすたーろぼっと。また会う時までー」

79年の「コーナーストーン」でブレイク。

81年の「パラダイス・シアター」でピーク。

当時は産業ロックの代表でした。

ところが「ろぼっと」辺りで「あれっ?」っとキワモノにいっちゃた。

片山まさゆきの「ぎゅわんぶらあ自己中心派」(週刊ヤングマガジン)の持杉ドラ夫が歌っていたのを思い出した。

もっとも加藤監督は6歳だから知らないと思うけど。

僕のi-podにも「時は流れて」(1981年)入ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月11日 (水)

「卒業」を見てロケ地を想像しました

またまたBSで録画しました。

ダスティン・ホフマンの「卒業」です。

カリフォルニアです。

アメグラより南ですね。

バークレーですがほとんど南カリフォルニア大学がロケ地です。

サンフランシスコ動物園も出てた。

エレーンの結婚式で花嫁を奪うシーンが有名です。

ユナイテッド・メソジスト教会。オレンジ・カウンティ。

United Methodist Church of La Verne, 3205 D Street, La Verne

ちょっと前に永島敏行がテレビで訪問していました。

本当は外階段はない。

映画の中ではサンタバーバラです。

ベンジャミンは、アルファ・ロメオで乗り付けたガソリンスタンドで新郎の実家であるスミス医院に電話して教会を聞き出します。

字幕では「第一長老派教会。アラン通りの」

たしかにプレズビテリアンと言っています。

ロケはメソジストの教会を劇中では長老派に変えたわけです。

たしかにメソジスト派と長老派は、改革派(カルヴァン派)とルター派のように近いものですから。

メソジストのジョン・ウェスレーは青山学院大学の新しいウェスレー棟に像があります。

カルヴァン派についてはまた明日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

交換留学生が買っていったおみやげとは

1979年にウチにきた交換留学生。

カリフォルニアからきたケイ。

彼女が買って帰ったものはバレーボール。

ミカサの。

当時からシェアNO1でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ルーカスの傑作アメグラ

BSで撮っておいた「アメリカン・グラフィティ」を観ました。

前にも書いたけど、73年で62年があんなにノスタルジックになるのだろうか?

ヒット曲は「オールディーズ」になっている。

セットではなくてロケ。

ロケ地はソノマカウンティーのペタルマ。

ルーカスの生まれた街に似ていたサンラファエル市でしたが事情があって急遽20分ほど北のペタルマでほとんど撮影されました。

ナパの西です。

一方通行のシーンはサンラファエルです。

2つの街は、ゴールデンゲートから北へ101でサンタローザとの間にあります。

そういえば車で通ったなあ。

僕のノスタルジーでいえば石和から竜王までの甲府バイパスのクルージングみたいなものかな。

ロン・ハワードが主人公じゃなかったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ディープ・スロート、サンタローザで死す

ウォーターゲート事件のディープ・スロートが亡くなった。

カリフォルニア州のサンタローザで。

当時の連邦捜査局(FBI)副長官、マーク・フェルト氏のこと。

知らない人はダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードの映画「大統領の陰謀」(1976年)を観よ。

サンタローザといえば本ブログ2006年9月17日「カリフォルニアの三太郎」も参照してください。

ディープ・スロートって大ヒットしたポルノ映画の題名です。

若い人は知らないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

月曜日の雨の日に思う30年前の事件とアフリカ救済

昨日は雨の月曜でした。

1979年1月29日(月)サンディエゴの16歳の少女が自宅の向かいにあるクリーブランド小学校でライフル銃を乱射しました。

2人死亡。8人を含む9人負傷。

犯人は問われて「月曜日は嫌い」と答えました。

みんな月曜日は好きじゃない。

カーペンターズ「月曜日と雨の日は」、サザエさん症候群とか。

この事件は全世界に衝撃を与えましたが僕も大きなショックを受けました。

この2ヵ月後にカリフォルニアに行く準備をしていたのですから。

朝日新聞にも大きく載りました。

犯人はブレンダ・アン・スペンサー。

僕と同級。

おそらくブレンダは、翌年の12月8日のマーク・チャップマン(1955年5月10日生)、翌々年3月30日のジョン・ヒンクリー・Jr(1955年5月29日生)までは一番有名な犯人だったはずです。

この事件に触発されたダブリンの28歳(スティングと3日違い)のミュージシャンがいました。

ボブ・ゲルドフです。

先週横浜「第4回アフリカ開発会議」でボノ(ダブリン出身)の横に座っていた目の鋭い男です。

もちろんU2やボノは大スターですし、慶應大学は名誉博士号を授与するし、福田首相も会うし。

でも影の仕掛け人はこの口の悪いパンク精神を持ったアイリッシュなのです。

彼はすぐに「I Don't Like Mondays(邦題:哀愁のマンデイ)」をつくって1ヶ月もしないうちにサンディエゴで演奏しました。

7月にリリース、全英1位になりました。

まだパンクがくすぶっていた頃のパンク/ニューウェーブのバンド「The Boomtown Rats」です。

この曲は彼らの2曲目の大ヒットになります。

1980年83年に来日しています。

ボブは1981年のアムネスティ主催のシークレット・ポリスマンズ・アザー・ボール」コンサートに参加してチャリティに目覚めました。

エチオピア飢饉を見たボブは、ミッジ・ユーロ(ウルトラヴォックス)と共に「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」(Do They Know It's Christmas?) を作曲しました。

1984年にはバンド・エイドを企画、翌年にはライブ・エイドを敢行。

これはアメリカに飛び火して有名な「USA for africa」となります。

ボブ自身もコーラスで参加しています。

これでボブはナイト爵位を与えられ「サー・ボブ・ゲルドフ」となります。

「哀愁のマンデイ」は1994年には再リリースされ95年にはボン・ジョヴィによってカヴァーされています。2000年になってからもトーリ・エイモス、G4などもカヴァーしています。

2006年にはノーベル平和賞のノミネート。

反ユーロなのでヨーロッパ諸国には頼まない。

バンドは1986年に解散しています。

そうそう、犯人のブレンダは25年以上の終身刑で現在も服役しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

八高線のフェンスの向こうはアメリカ

八高線に乗ってきました。

電化されているいわゆる南線です。

お昼に八王子から乗ろうと思ったら40分先です。先が思いやられます。

八王子に停車すると「八高線はお乗換えです」というアナウンスを聞くたびに「あーそういう電車があるのかあ」と思っていました。

八王子と高崎を結ぶから八高線。

最近、高崎づいているなあ。

もちろん絹を横浜に運ぶのも目的でできた路線です。軍用の意味もあるみたい。

八高線といえば鉄道事故。

1945年に小宮駅~拝島駅間の多摩川鉄橋上で起こった正面衝突事故。

約105人が死亡。約ってすごい。戦後の復員と大雨でどのくらい死んだかわからないらしい。

1年半後の1947年東飯能駅~高麗川駅間で脱線・転覆。死者184名。

緊張します。

電車自体は新しいのですが、「ボタンを押してご乗車下さい」というボタンがあって、降車するときもボタンを押します。Imgp1205

東福生で降りてみました。無人です。

アメリカっぽい雰囲気を探してみます。

村上龍や山田詠美を想像します。

「限りなく透明に近いブルー」「シュガー&スパイス」(エリカ様主演)「スローなブギにしてくれ」(浅野温子主演)

横田基地のほうに歩いてみました。Imgp1206 Imgp1207

16号沿いにはそれっぽいお店もあります。

車の流れなんかはカリフォルニアにも見えてきます。

駅周辺にも米軍ハウスが点在しています。Imgp1208 Imgp1210 Imgp1209

忌野清志郎、大滝詠一なんかも住んでいた。

遠くにはフェンスの向こうに基地も見えますし、ときどき軍用機が飛び立ちます。

あーここからのFENの電波を聴いていたのかあ、と感慨にふけります。

すごいいい天気だったので写真なども撮りました。

とは言っても他に何もなく、普通の人が見れば寂れている街でしょう。

ポンちゃんのエッセーに出てくる居酒屋は?

今度は友好祭なんかに来て見ようっと。

それにしても何も調べず来てしまったのを後悔。

また下り電車に乗りました。

そうすると基地の間を抜けていくようです。

右側にはアメリカっぽい芝生が広がります。

高麗川(こまがわと読む)止まりでした。

そこでディーゼル車に乗り換えれば北線で高崎まで行きます。

1番線に回れば川越線です。

むかしの映画もう一度観てみようかな。

迷いましたが川越線で帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

アーカイブに遅れている日本

ときどきアメリカの公文書館で発見された重要文書などが話題になることがあります。

UFOとの遭遇とか、太平洋戦争の真実とか。

人気なのは家計図の作成のために活用することらしいです。

本館はワシントンDCのコンスティテューション通りの近くにあります。

正式にはアメリカ国立公文書記録管理局(United States National Archives and Records Administration)です。

かつてチャーチストだった頃、全米TOP40のDJのケーシー・ケイサムがときどき「あーかーい」と言ってちょっと古い曲を掛けるときがありました。

田舎の高校生の僕は「何が赤いのだろう?」と思っていました。電波状況も悪いし。

それが「アーカイブ」という単語だと知ったのはだいぶ後のことです。

NHKアーカイブなどでアーカイブという言葉は最近日本でも使われるようになりました。

それにしても公開請求すると出てきますね。

最近も大学生が横田基地の給油で汚染している実態を公文書の公開請求で判明して話題になりました。

日本の場合は、公文書でもやたら捨ててしまい、特に都合の悪いものは廃棄してしまいます。社会保険庁の年金文書も廃棄してしまうくらいです。

田中康夫元知事も何か捨てたよね。

日本の公文書館なんてきれいなものばっかりだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

横浜のジャック、キング、クイーンと海外移住資料館

観光気分で横浜へ。

ちょっと涼しい日だったのに短パンで行ってしまいました。

まず、シルクセンターの2階にあるシルク博物館へ。

最近、養蚕業にがぜん興味があるので。

カイコ、繭、養蚕、生糸、輸出、世界の養蚕など。

絹の衣装が多すぎる気もしますが、僕のような人は少ないのでしょうがないかも。

実際に触れます。真綿っていうのは絹の一種だったのね木綿じゃなくて。

緑の天蚕もありました。他のガなんかも。Imgp0886 Imgp0887 Imgp0888 Imgp0889 Imgp0890

繭もいろいろな種類があります。

北関東のシルクロードも確認しました。Imgp0881

生糸商人のお店も。Imgp0884

生糸よりも卵のほうがよく売れたそうですが、それも見れます。Imgp0883

ショップでは繭を買うこともできます。

次に反対側にある横浜開港資料館へ。

ペリーが中心です。

横浜の商人のパネルもありました。Imgp0900

面白かったのは横浜を中心にした大正期のパノラマ地図。

大山とかが大きくて、川崎の扇島あたりの重工業地帯はすでに工業地帯として埋め立てられて描かれています。

横浜市開港記念会館(ジャック)へ行きました。Imgp0903

ここは見学できるのですが、実際にホールや会議室は使うためのものです。

何かのイベントには使いたいものです。Imgp0905

その2階から県庁(キング)がよく見えます。Imgp0906

次は横浜税関(クイーン)の前を通ったら資料展示室が開いていたので入りました。Imgp0893

横浜港の輸出入のパネルを見ると開港時は、輸出は生糸、お茶、油ですが、輸入は薬などのほか、木綿や毛糸が主ですね。

その後、銅とか鉄などが多くなります。

赤レンガ倉庫のほうに向かったのですが、観光客の皆さんはプロムナードを通って大桟橋の方へ歩いていきます。

次は海外移住資料館へ。

ここは以前に観覧車に乗ったとき見つけて行きたいと思っていたのですが、大ヒットでした。

面白すぎる。

移民の県別数。広島など中国地方や沖縄が圧倒的に多い。

なんと開港の2年前から自由に海外渡航が認められたそうです。これは進んで開いたというよりガイアツで。

古いパスポート。Imgp0911 Imgp0912 Imgp0915 Imgp0918

亡命した武士第1号。

開港時にすぐにアメリカに行った曲芸士の集団。

UP(ユニオンパシフィック鉄道)からの募集広告。

書生という海外留学組みも多数。

日本人収容所の小冊子。

都市名の漢字クイズ。

バンクーバーなどの東洋人排斥運動。

ハワイやブラジルの暮らしぶり。

乗船前に滞在した横浜の旅館。

などなど。

大変興味深い資料館でした。

あとアントニオ猪木とか日本へ来た人も展示して欲しい。

最後に日本郵船歴史資料館と神奈川県立歴史博物館へ行きましたがもう閉館。Imgp0919 Imgp0920

ここは横浜正金銀行本店の建物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)