2011年5月21日 (土)

暑いぞ

今日は暑いぞ。

そろそろ衣変えか。

いやあ意外と涼しい日もくるんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

ローカルヒーローのマブヤー

宮古島の最終日。

今日が海開き。Dscn2363a

与那覇前浜でイベントが行われるという。

琉神マブヤー&ガナシーという沖縄のヒーローと写真が撮れる。

結構早く行ったのに整理券は終了。

ショーを観て帰りました。Dsc_0085a

レンタカーを返し空港へ。

無事帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

伊良部島を気に行った

午前中は「太陽が窯」でシーサーづくり。Dscn2240a

お昼は隣の「とぅんからや」でタコライス。Dscn2255a Dscn2263a

イムギャーという場所は岩場の楽しいところ。

どうしようか迷ったけど伊良部島へフェリーで渡ることにしました。

これが大正解。

佐良港に着くと雰囲気がまるで違う。Dscn2314a Dscn2320a

石造りなのだ。

そういえば久保田真琴が呼んだ宮古のハーニーズというおばちゃんグループはここの出身だった。

渡口の浜で泳いでみた。Dscn2271a Dscn2287a

ものすごいきれい。

しかも誰もいない。

お店が一軒だけ。

アイスクリームを食べながら益子さんのサインを発見。

それで思い出した。県立伊良部高校のバレー部の上地くんを。

「にっぽん紀行 島のきずなで挑め~沖縄 伊良部高校バレー部~」(2009年3月13日放送 アーカイブスあり)

驚異的なジャンプ力だった。

この浜で鍛えたのだろうか?

隣の下地島へドライブしてみる。

ここの空港はパイロットの練習でタッチアンドゴーが見れることで有名。Dscn2299a

さっきから旋回していた。

たしか海沿いの道があったはず。迷う。

佐和田の浜で少女に聞いてみた。Dscn2295a

この浜もすごい。帯岩もそうだけど

1771年(明和8年)の大津波で岩がゴロゴロになったそう。

日本はどこも地震でダメだあ。

空港から通り池にいってみた。Dscn2306a

島を回って港に着きました。

わすれてはいけないのはサシバでも有名。

「フナウサギバナタ」というシンボルがある。Dscn2324a

でかすぎる。

すぐ乗ってフェリーが出ました。Dscn2335a

夕日がきれい。

それでパイナガマ・ビーチで夕日を堪能しました。Dscn2342a

夜は沖縄ライブのお店に。

あとで聞いたら伊良部島にも大橋ができるらしい。

本当にがっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

本当に青い海

宮古島の2日目。

ドライブしてみた。

中心の平良(ひらら)

人頭税石(にんとうぜいせき)、仲宗根富見親の墓、張水御たきなど。

三線をやりたい。

重信先生の教室で体験。Dscn2144a

次は砂山ビーチへ。

すごい。

ザ・ビーチであった。Dscn2147a

でも遊泳は禁止のようです。

次は島尻という地区へ。

ここは体や顔に泥を塗るお祭りパーントゥで有名。

国の無形文化財にもなっている。Dscn2157a Dscn2159a

島尻マングローブもある。

ここから大神島へのフェリーが出ている。

この島は人口35人。

ほとんどが聖地になっていて「神の島」と呼ばれる。

地元紙を読んだらツアーが好評だったと書いてありました。

まあパワースポットのブームだからな(写真に写っているのが大神島)。

西平安名崎(にしへんなざき)には風車があって池間島の大橋も見える。Dscn2167a_2 Dsc_0076a

風が強いんだろう。

海はすごいきれい。

きれいなところに橋をつくらなくてもと来間大橋のときも思ったけど、

やっぱり浅いからきれいに見えるんだろうね。

池間島にいってみた。

漁港があってとなりに「なかじゃ」という食堂(やびじセンター)へいってみた。

実は有名なお店でサインがたくさん。Dscn2191a

おばちゃんが働いている。

2階は資料室になっている

昔の地図を見ると島の中側は干潟で、埋め立てたようです。Dscn2185a Dscn2186a

島の北側には八重干潟(やびじ)があってダイビング・スポット。

干潮には歩いて渡れるという地図もあった。

あと興味深い祭りの古い写真も必見。

この島自体もパワースポットのようです。

雪塩製塩所というミネラル含有でギネスに載った工場を見学。Dscn2196a

あとは島をグルリと海を見て回りました。

南側にある新城海岸、吉野海岸はすぐサンゴがある。

ここで泳いだ。

最南端の東平安名崎(ひがしへんなざき)の絶壁へ。Dscn2212a

花が咲いて楽園みたいでした。

Dscn2227a_2

このあと宮古島温泉につかり小泉さんも来た海鮮料理の店に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月31日 (木)

宮古島へ来ています

旅行に来ています。

宮古島です。

放射能から避難したわけじゃあありません。

那覇から50分。

やっと到着。

レンタカーを借りてちょっとドライブ。

来間島(くりまじま)への橋が素晴らしい。

エメラルド・グリーンです。

竜宮城というポイントから宮古島を見てみた。

与那覇前浜が見える。Dsc_0054a

東洋一だそうです。

トライアスロンもここを泳ぐ。

宮古には高い山がない。

川もないので海がきれいとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

温泉地の放射能

放射能が検出したらしい。

まあどうってことはない。

山梨の増冨ラジウム温泉。

金泉閣だと130ベクレル。

そういえば竜王町にラドン温泉ってあったね。

温泉放射能っていうらしいよ。

健康に影響なんかないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

放送局よよく考えろ!

いろいろ書きたいことがありけど、書く気分になれない。

NHKの大津波警報の色はなんで白と赤なんだ!

放送局は何故、避難者の名前を聞いてテロップに出さないのか。

ただインタビューするだけじゃなくて。

公共の電波を私用にしないというのか。最大の公共ではないか。

被災地もそのに居る名簿をすぐ作成して、それを放送できるようにしておけばいい。

今後はビデオ・ジョッキーが各被災地に入って、

カメラを置いて来るようにせよ。

そうすれば電話が殺到するのは減るはずだし、安心もする。

被災地同士でバラバラになっても安心できる。

無用に探しにいくことだけは避けられるではないか。

ただヘリで映した被災地の映像を延々見せられても困る。

もうわかった。

全然役に立っていない。

ヘリの音がうるさくて救助にじゃまになるだけ。

ニュージーランドで取材規制していた理由がわからないのか?

不思議なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

やっぱり本当の地震が

水曜日のブログで書いた地震。

あれはほんの前兆だったのね。

やはりイルカの教えだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

やっぱり地震が

今日(3月9日)11時45分に地震。

三陸沖で震度5(-)。M7.2.

一時津波注意報も出ました。

鹿島でイルカが打ち上げられていたのは数日前(3月4日金曜の夜)。

これのため?

5日は長すぎるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

日本でもイルカが打ち上げられた

3月4日(金)の夜のニュース。

イルカ52頭が砂浜に打ち上げられているのが見つかりました。

茨城県鹿嶋市の下津海水浴場です。

イルカの仲間「カズハゴンドウ」だそうです。

生き残ったのは22頭で30頭が死んでしまった。

ニュージーランドの地震の前にクジラが打ち上げられたので思い出してしまいました。

2001、02年の春先ごろ、同市南の旧波崎町(現・神栖市)の海岸にカズハゴンドウ30頭以上が流れ着いたことがあった。

小魚を追いかけて浅瀬に入ってしまったか、ウイルスや藻類が原因か。

国立科学博物館調査員が死因を詳しく分析するという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧