2011年1月18日 (火)

おばさん声のグリー

合唱部が舞台のTVコメディ「グリー」がゴールデン・グローブ賞の作品賞に。

懐かしいジャー二ーのヒット曲“Don't Stop Believin'”。

女子の声が典型的な白人声ですね。

おばさん声。

R&B系に馴れた21世紀の僕たちには逆に新鮮に感じます。

誰かに似ているなあ・・・?

あーオリビア・ニュートンジョンの「グリース」だ。

GLEEとGreaseに引っかけたのか?

おばさんってどうしてあーいう声で歌うんだろう?

HABAの後ろのおばさんとか、

藤原紀香のバスロマンもおばさん声だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

理系政治家とミセス・ロビンソン

鳩山さんって東大工学部卒だけど学科はあまり知られていない。

計数工学科。

修士課程を飛ばしてスタンフォード博士課程へ。

専攻は経営工学。

ビジネススクールではない。

OR(オペレーションズ・リサーチ)を中心としたエンジニアリングですね。

留学は70年頃になるから、71年には今野浩氏がPh.Dを取得しているので知りあいかな。

日本料理店でバイトしていた幸婦人のほうが知っているかも。

当時のカリフォルニアで年下の独身男とつきあうなんてミセス・ロビンソンみたいだよね。まあ金星に行ったくらいだからね。

なお理系の政治家は、志位和夫(物理工学)、菅直人(応用物理)、不破哲三(物理学科、太田昭宏(土木)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

リッジモント・ハイ

全米にリッジモントという地名はいくつかありますよね。

僕自身旅行へ行って気づいただけでも少なくとも3ヶ所はあったはず。

それでレンタル屋さんでいつも気になっていたのが「初体験リッジモント・ハイ」(82年米)でした。

フィービー・ケイツの出ていたハイスクールものだったよなとは思っていたのですが、なかなか借りるまではいきませんでした。

解説を見てショーン・ペンが出ていたのかあと思うだけでした。

ついに借りました。難しい映画を見る気分ではなかったからです。

人気アイドルだったフィービー・ケイツのトップレス・シーンとショーン・ペンのおバカなサーファーの演技が見ものといえば見もの。明るい。

ローリング・ストーンのキャメロン・クロウ(後にセイ・エニシング、シングルズ、ザ・エージェントの監督)の初脚本と知って、80'S以降のB級青春映画の原点ともいえる作品と再認識。

クロウは79年秋に実際に高校に再入学して書いたとのこと。

ということは57年生まれのクロウだからちょうど僕がカリフォルニアでハイスクールへ行っていた頃と重なるわけだ。

バックの音楽は、ジャクソン・ブラウン、GoGo'S、ドナ・サマー、カーズなど80、81年のあの頃。

ニコラス・ケイジの映画デビュー作でもあった。(当時はコッポラ姓)

それで、リッジモントは日本語解説によると南カリフォルニアのリッジモントとある。クロウはパームスプリングス生まれで少年時代はサンディエゴなのであの辺かな。

B級青春映画としてはカルト的な作品ということでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

レス・ザン・ゼロ

青春映画が割りと好きです。

ゴハンより好きとかオタクとかでは無いのですが、普通の人より好きなのではと。

普通の人がどのくらい好きかはわかりませんが。

もっとも普通の人より映画やDVDも見ないような気がしますが。

普通の人がどのくらい見ているものかわかりませんが。

飛び出せなんとかとか日本のじゃなくて洋画とかあっちのTVムービーです。

ティーンエージャーの文化(ファッション、髪型、食事、車、スラングなど)とか音楽とかキャンパスの雰囲気とか時代を感じるから面白いのかもしれません。

いつの時代でもティーンは一定数居るので、こういうのは作り出されているのかと思います。加えてその時々の若手スターとかアイドルをキャスティングすれば大ハズレは少ないかもしれません。

それで「レス・ザン・ゼロ」(87年米)です。

80年代のビバリーヒルズが舞台。

アンドリュー・マッカーシー(クレイ 1962年11月29日生まれの僕の同級生発見)、ロバート・ダウニーJr(ジュリアン)、ジェームズ・スペーダー(リップ)とかの若い頃が見れます。

エルビス・コステロのデビュー作(1977年)からとった題名。

まさにB級だけど雰囲気は80年代っぽい。ドラッグばっかり。

僕たちの世代なわけだが、これで「セロ・ジェネレーション」、「ニュー・ロスト・ジェネレーション」という名前がめでたく付いた。ヤッピー、YAスターは80年代前半、DINKsは同じ頃だったと思う。日本では「新人類」。

原作はこれがデビュー作のブレット・イーストン・エリス。ヤッピーの「アメリカン・サイコ」など。ハヤカワから翻訳も出ている。

音楽はバングルズ、キッスなどこれまたB級。いいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)