2011年3月24日 (木)

温泉地の放射能

放射能が検出したらしい。

まあどうってことはない。

山梨の増冨ラジウム温泉。

金泉閣だと130ベクレル。

そういえば竜王町にラドン温泉ってあったね。

温泉放射能っていうらしいよ。

健康に影響なんかないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

たしかにフード・ファディズムだね

フード・ファディズム。

食べ物や栄養が健康や病気に与える影響を誇大に信奉するとこです。

群馬大教授の高橋久仁子先生が書いています(朝日新聞朝刊)。

ありもしない健康効果を必要以上にアピールする。

薬事法に引っかからないように効能をほのめかす「××が気になる方へ」などと書く。

消費者は効くだろうと行間を読んでしまうのだそう。

食情報に右往左往して、なんでも食べ物を体に「良い」「悪い」と分類したがる人が多い。

皮肉なことに健康に関心がある人ほどフード・ファディズムに陥りやすいとのこと。

食品に過大な健康効果を求めるのはおかしいとおっしゃてます。

それよりも1週間単位で量をとらえ、質はまんべんなく食べるほうがいいと。

たしかに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月10日 (木)

乳がん検診の中止要請のすれ違い

TBSが展開している乳がん検診キャンペーンを中止するように要請されました。

要望したのは著名な医師や患者。

20代から30代の乳がん検診の有効性に科学的根拠はなく不利益が大きいという。

キャンペーンはTBSの番組「余命一カ月の花嫁」に連動したキャラバンです。

TBSは要望書について反論するところはないと回答しています。

つまり、TBSが間違っているのを認めています。

一般の人にはわかりにくいと思います。

何故、検診が無駄なのか、やってはいけないのか?

「24歳で乳がんになってしまった可哀そうな花嫁。

では彼女はどうすれば助かったのか?

早期の検診しかないじゃないか。

人ごとじゃないから若くても検診うけましょうよ。

山田邦子も言ってたし。」

こういうふうに素人は考える。

でもこれが間違い。

マンモグラフィーは被爆する。

検診のストレスが大きい

第1種の過誤(逆のプラシーボ効果)。

安心してしまってがんを見逃す。

こちらは第2種の過誤。

20代~30代の検診の科学的根拠はない。

マンモでは若い人の乳腺とガンの区別ができない。

世界中で導入されていない。

それでも検診をやらなくていいとまで言えないような気もする。

でもベイズ確率からすると、たとえ検診で95%の陽性となっても限りなくゼロに近い数値になるはず。

だって事前確率がゼロに近いんだから。

これは素人の直感では間違ってしまう。

この問題の背景にはこんな心理と統計のすれちがいがあると思います。

BSEの牛肉の全頭検査を要求した話と同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

高尾山の残念だったところ

天気も良かったので山へ。

高尾山へ。

高尾山口に着くとお昼だったのでソバを食すことにしました。

ちょうど京王線が見えるお店の小上がり。

ところが煙い。Dsc_0163a_2

窓全開はいいんだけどものすごい煙を出す男性が。

前に座って食べている女性も鈍感なんだなあ。

そう思っていると、ほとんどのテーブル席でタバコが。

ちょうど子連れが多い時間だったのに。

せめて日曜のお昼くらい禁煙にできないものか。

そうすれば店の回転も良くなるはず。

お店の人にボヤいて出ました。

ミシュランの高尾山がこれじゃあね。

とにかく山とか山小屋での年配者の喫煙はひどいの一言。

行きたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ストレート・ネック

カイロに行きました。

骨盤がズレているのは原因があって、

背骨のほうの第1番がズレていて、それが筋肉で引っ張っているらしい。

ひどい肩こりも。

2番目と6番目の骨がズレているそう。

さらにストレート・ネックらしい。

つまり、正常なS字曲線ではなく真っすぐになっている。

最近の日本人は半分以上がこれ。

パソコンとか姿勢が悪い。

整形外科でレントゲン撮っても治療にはならないので気を付けて欲しい。

それより姿勢と枕が重要。

長年使っている枕が合わなくなってきている。

ストレート・ネックの場合はだいたい高すぎるし、窪んではいけない。

欧米人使用の窪みのある低反発の枕は最近の日本人には合わないそう。

だから朝起きるともう疲れているのかあ。

寝ている間も首が緊張しているのね。

そういえば寝返りもしなくなっていた。

こういう場合は、タオルを折って低い枕にするといいらしい。

早速やってみたら熟睡できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

トランス脂肪酸

先日亜硝酸ナトリウムの発がん性について書きました。

さらにトランス脂肪酸も危ない。

相変わらず日本では対応が遅い。

マーガリンなど植物性油が有名ですが、スナック菓子、冷凍食品、ファストフード(揚げ物)、レトルト食品などに入っています。

心臓疾患(虚血性心疾患)、認知症、発がん、アレルギーなどです。

WHO勧告は1%未満です。

日本では0.3%ですから少ないとも言われています。

米国は2.6%で規制がある。

カリフォルニアにはレストランでは使用禁止になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

亜硝酸ナトリウム

最近、ガンを発表する人多いですよね。

昔は不治の病だったから隠していたのかも。

でもガンになった人は増えているような気がする。

いやあ実際、増えているとも聞きます。

本当か?

以下は素人の感想を書いたものなので間違っていると思う。

たとえば他の病気が克服された分、ガンくらいしか残っていないとも考えられる。

もしそうでなくて増えているとしたらどうでしょう。

日本人の場合、胃ガンは減る一方で、大腸ガン、前立腺ガン、乳ガン、子宮ガンになる人は増え、肺ガンで亡くなる人が増えている。

この中で理解できるのはウィルスや菌による子宮頚ガンと胃ガンくらいか。

大腸ガンは欧米系の食生活か。

他はなんだ?

空気が悪くなったり、タバコを吸う人が多くなったか?

いや30年前まで方が格段にひどかったはず。

僕が小さいとき(40年くらい前)でも、魚の焦げたとことか、実験の石綿金網、たき火を見ると「ガンになる」と言ってた覚えがあります。

いずれにしても今気を付けることは食べ物くらいしかない。

僕が小さい頃は、チクロなんかの甘味料や着色料に発がん性物質が入っていました。

最近は、発色剤の亜硝酸ナトリウムが有名。

ハムやソーセージをピンク色にしています。

アミン類といっしょになるとニトロアミンという発ガン物質に変わるそう。

これは米国では子供に禁止だったと思います。

これも騒ぎ過ぎだとかビタミンCといっしょに食べれば問題ないとか説がある。

そうでないと逆にO157など食中毒が発生するらしい。

他にもいろいろあるから食べるものなくなっちゃうし。

子供の頃にかなり僕の体に入っていて、今になってガンになっていると思う。

われわれ大人はもう遅いということか。

今更バカみたいに気にしてもしょうがない。

まあ、できることと言ったら、子供にお菓子などジャンクフードを食べさせないくらいか。

スーパーでハムの裏を確認したところ、亜硝酸ナトリウムが入っていないものもありました。

まあ気持ち的にはそっちを選んでおくかあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

レギンス

レギンスを買いました。

タイツというかスパッツというかモモヒキというか。

ユニクロではレギンスというらしい。

ヒートテックというやつ。

1本1500円。

家族の分も含めて大量に。

去年寒くなってから買おうと思ったらアッという間になくなってしまいました。

それで寒い思いをいました。

特に旅行とかアウトドアではあればあったかい。

悔しいので今年は10月に段階で買いにいったわけ。

去年、海パンが買えなかったのと同じ。

モモヒキじゃ恥ずかしいけどレギンスと言われればOK。

さすがユニクロだなあ。

寒くなったら売り切れ必須。へへへ今年は早かったゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

僕は早食い

胃カメラの健診で胃の逆流症の気があると言われました。

これになるのは、コーヒー、香辛料、チョコレート、ビール、食べてすぐ横になる、お腹の締め付け、早食いなどらしい。

ほとんど当たっている。

中でも早食い。

僕は小中学生の給食から早かった。

早く食べて遊びたかったから。

家でも早いし、お昼も早い。

この前、400人くらいの研修があってお昼が出ました。

順番にお弁当をもらうのですけど、もらうのは遅かったにも関わらずぶっちぎりの第1位。

食べ終わった弁当をどこに捨てるか担当者と相談したくらい。

ゆっくり食べるなんて考えられない。

きっと僕にとっての早食いは逆流の原因じゃないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

ジョギングの成果

ジョギングと腹筋などを始めて5カ月が経ちました。

大雨とか旅行とかを除けばほぼ毎日つづけました。

今は20分ほど走り、腹筋、背筋、腕立ては各230回、スクワット、ダンベル、ストレッチ、懸垂は30回できるようになりました(2回しかできなかった)。

異常に汗をかくようになりましたので、びっしょりです。

筋肉がついてお腹は割れてきましたし、お腹はもちろん背中とか胸の横、二の腕の贅肉はとれてきました。きっと足もほっそりしてきたと思います。

僕はダイエットが目的ではないので食事は変わらないのですが、体重は4kgほど減りました。

お腹が細くなってしまったので、ズボンが緩くなって困っています。

体脂肪率もかなり下がりました。

通じもよく、寝起きもすっきり。

姿勢もよくなって楽になりました。肩こり、腰痛もウソのようになくなりました。

もちろん駅の階段は走ります。

すごいのは3カ月ほど経った時、今まで健康診断で悪かった数値は全て正常になっていたこと。

世の中はダイエットの食品とかエキササイズ、健康器具とかいろいろ盛んですが、結局のところ運動不足ということではないのでしょうか。

楽して痩せようとか健康になろうとか。

お金も薬も健康食品も器具も何にもいらない。

おいしいものやお酒を我慢する必要もありません。

毎日体をいじめることです。

これですべて解決します。本当です。

楽しては絶対に無理。

甘いものやジャンクフードなどこっちから欲しくなくなります。

生活のリズムの中に体を動かす時間をうまく入れられるかで決まると思う。

習慣にしてしまえば歯を磨くのと同じ。

秘訣はここ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)