2011年2月17日 (木)

山梨の郷土力士(つづき)

山梨の郷土力士の話は続く。

サンジャポ・ファミリーの一宮章一レポーター。

42歳。

プロレスラー。

父親は郷土の唯一の幕内優勝した富士錦。

弟は朝青龍のマネージャーでした。

ニックネームは「偽造王」

むかし偽造の運転免許証で逮捕されたから。

お父さんは2003年に亡くなっています。

プロレスに入って勘当されたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

山梨の郷土力士と怪死事件

どこの地方紙にも郷土力士は特別に載るはずです。

山梨日日新聞もそうです。

富士錦とか富士桜。

僕のまちからも出た。

八代町北の大野兄弟。

兄の喜夫 1956年9月生まれ。188cm、96キロ。

富士桜の高砂部屋。最高位三段目33。

1972年7月初土俵。1978年9月で引退だから6年間。

1975年3月からは「八代錦」に改名。

序の口でいきなり優勝したのにその後さっぱり。

115勝130敗7休。

やはり相撲の世界は厳しいなあ。

2つ下の弟は久好。

兄弟そろってやさしい名前です。

1958年6月生まれ。189cm、148キロ。

兄と同じ部屋だと甘えるということで大鵬部屋へ。

最高位前頭13枚目。

幕内はたった1場所だけど。

八代中では野球部だったけど中2で入門して転校。

八代中は現在の浅川中だけど通学してない。

貴輪時代で盛り上がっていた頃。

町に大鵬親方が来たので大騒ぎ。

1974年初土俵1990年9月引退。16年もがんばった。

大野→鵬龍→大野→大ノ花→大乃花に改名。

高砂一門から佐ノ山親方→尾上親方→2001年4月退職

483勝428敗30休。

十両で2回、幕下1回優勝。

それで「四季の花」という十両力士がいました。

甥は関脇の「長谷川」。

廃業後の1980年に週間ポストに八百長を告白。

その中に大ノ花の名前が出て証言しています。

僕たちが忘れてはいけない事件もあります。

元大鳴戸親方が1996年に告発本を出しました。

千代の富士や北の富士の八百長、板井が中盆であると。

板井の親方です。

この本の援助者は後援会会長(タニマチ)の橋本成一郎氏。

ところが親方はすぐに原因不明の病気で急死。

しかも驚くべきことに橋本氏も同じ日に同じ病院で同じ原因不明で急死している。

橋本氏は元幕下の力士で実業家。

北の富士の名古屋後援会の副会長で「北の富士の綱を買った」という。

怪死事件としてスポーツ紙には出たけど、消されたというウワサは今でもある。

弟子の板井氏はその後に八百長を告発したというわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

笛吹高校の校歌はレミオ

レミオロメンが笛吹高校の校歌をつくった。

笛吹高への入学が決まっていた笛吹市の中学生2人が、校歌制作をレミオロメンに要望する内容の手紙を県教委に託したとのこと。

レミオロメンが母校の石和高が統廃合してできた笛吹高の校歌を作詞、作曲しました。

現笛吹高1年の水上峻さんと秋山琴美さん。

いいぞう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

ぶらりに出ていた平野美宇

卓球の平野美宇さんが勝って記録をつくったそう。

この娘は覚えている。

「ぶらり途中下車」の身延線の旅に出たと思う。

調べたら2007年5月26日。

3年半前。

今10歳だから田富北小の1年生だった?

もっとも5歳で全国大会に出て当時テレビに出ていたからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

箱根の監督になっていた直樹ちゃん

正月の箱根駅伝。

東京農大の前田監督。

高校は園芸。

地元の直樹ちゃんと知ってびっくり。

たしか現役のときに日体大で箱根を走っていたはず。

まだ箱根もメジャーじゃなかったけど。

調べてみるとその後、旭化成に入って宋兄弟や日体大1年後輩の谷口と走っていたらしい。

もうお孫さんもいるらしい。

残念ながら総合14位でシード権を逃しました。

がんばってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

千葉さな結婚

甲府駅北口の清運寺はちょっとしたブーム。

竜馬の婚約者の千葉さなの墓所がある。

僕も先週に行ってきました。

それで、さなは結婚していたという記事が見つかったらしい。

お相手は鳥取藩の元藩士山口菊次郎

1873(明治6)年に横浜に移り住んださなが求婚されて、竜馬の七回忌も済んだことから受諾したらしい。

翌年7月に結婚。

でも離縁して再婚はしなかったようです。

この記事は毎日新聞に1903(明治36)年8~11月に連載した「千葉の名灸」。

さなが晩年に営んだきゅう治院の来歴などを描く内容だそう。

さなは1896年10月に没していますので、没後7年後の記事ということになります。

やっぱりセレブだったのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

群像新人賞

群像新人文学賞(講談社)。

純文学だね。

僕の世代では村上龍、村上春樹。

山川健一、阿部和重、諏訪哲史か。

山梨に帰ったときに母が教えてくれた。

息子さんが群像新人賞をとった人がいる、と。

たいしたものだなあと感心しました。

お父さんも俳句が上手らしい。

1979年山梨市出身の30歳。

受賞作は「朝が止まる」

山梨学院付属高校→慶応→東京で会社員らしい。

芥川賞候補の辻村深月さんは1980年生まれの山梨学院付属でした。

彼らが中学入学した1992年頃(高校からなら1995年)に山梨学院付属に行くというのに何かあったのだろうか?

たしかに大学駅伝でオツオリが走ったのが1989年。

その頃から知名度が上がったとは思うけど。

ちなみに1996年には水泳の萩原智子(1980年生まれ)が高校に入学しています。

公立よりも学院に入学する時代だったかなあ?

ゴールデン・ウィークの実家でのちょっとした話題でした。

仮説として理系は公立優位だけど、こういう文芸・芸術系は山梨学院にコースがあったのではないか?という意見でした。

誰も私立中高に入ったことのない一族なので想像の域を超えていませんが。

しかも酔っ払い話でスミマセン。

なにしろめでたいことです。

お父さんとしても自慢の息子だと思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

輿石東の農地法違反

民主党の輿石東参議院会長の自宅。

相模原市相模湖町の農地の一部が車庫などに転用されていました。

自宅1298平方メートルのうちの779平方メートルの農用地。

名義は義弟で313平方メートルは共有。

農業委員会は3回行政指導しましたが一部違法状態。、

指導後、190平方メートルを宅地に変更していますが、どうしてできたのか不思議です。

輿石氏は「商売しようとか収益を上げようとかではない」と言っていますが、宅地に転用すること自体が錬金術なわけで、将来高く売れるので言い訳になりませんね。

それにしても自宅が相模湖にあるのも不思議。

本人は韮崎生まれなので、津久井郡青野原小学校教諭、上野原町立西原小学校教諭をやっていたのでその時買ったのか?

そうすると相続ではない。

そもそも本人は生まれも(今も昔も)農家ではない。

そこで義弟の身分で偽装農家として農地を適格者のように購入したとなると、これも農地法違反であろう。

固定資産税は宅地並みに支払ってきたのか調べないとな。

また脱税かも。

住んでいる自宅を資産公開していなかったのか。ザル法だな。

輿石氏は山教組からの政治献金問題もありました。

ちなみに、教員も6年制が議論されていますが、本人は短大2年しか行ってません。

準学士に「大学院へ行かないと一人前ではない」などと言われたくないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

時代遅れの地元出生主義

地方の悩みはどこも同じ。

人口減少と高齢化など。

若者がいない、後継者がいない、街の活性がない、売り上げが無い、企業がない、仕事がない、公共事業がない、お金がない、道路や鉄道がない、人も情報も来ない、観光客が来ない、お店が無い、どうしていいかわからない・・・

どうやったら人が来てくれて、そして定着してくれるか。

みんな頭を悩ましている。

世界中で都市間競争が始まっている。

間違いないのはその地元の人間だけではどうにもならないこと。

あらゆる分野でいい人材がいない。

だから来てもらった所の勝ちになる。

こうなったら日系人でも中国人研修生でも派遣村の人でもいいや。

ひょっとすると近い将来移民を受け入れないといけないかもしれない・・・

何しろ地域のファンや応援者を増やさないと。

いろいろな努力をして優秀な若者が来てくれたらどうだろうか。

それで素晴らしい結果を出してその都市に誇りや自信を与えてくれたらどうだろうか?

時には経済効果も。

こんなうれしいことはないはず。

これに対して「そんなのはよそ者の貢献に過ぎないじゃないか」「集めればそんな結果は誰でもできるからエラくない」「あいつは地元生まれじゃない」などと言う人はいないだろう。

よっぽど排他的な人か地方ナショナリズムか偏狭な地元出生主義者か。

地方主義の極右か?

ましてや他の都市の人間に言われる筋合いはない。

負け犬の遠吠えにも聞こえる。

実際、来てもらうだけでも大変。

それで結果を出すのはもっと大変。

さて、山梨学院付属高校のサッカー部である。

山梨県に優勝旗をもたらした。

先発には地元出身者は1人だけ。

もし、「こんなの越境者の集まりジャン」と少しでも思った人は猛省すべき。

かなり時代遅れです。

そんな偏狭な考えだから落ち目なのだ。

僕がうれしかったのはチームのインタビューで山梨へ「帰る」と言ってくれていたこと。

以下、ニュースから引用しよう。

毎日新聞は、

藤巻謙選手(同)は「『県外だけ』(のチーム)と言われないよう、ずっと出続けようと誓っていた。本当にうれしい」と喜んだ。

日刊スポーツから、

「でも優勝したことが今は素直にうれしい。まだ実感はわきませんけど、山梨でパレードをしたら優勝したと思うのかな」と最後には笑顔を見せた井上。

産経新聞は、

先発メンバーのうち10人は県外からの“越境入学者”。周囲から「県外ばかりじゃん」というやっかみも聞こえていた。だが彼らは「サッカーがうまくなりたい」という純粋な思いで入学し、厳しい練習に耐えてきた。地元に溶け込もうと、中には休みを利用して地元の子供にサッカーを教える選手もいた。

選手権にあこがれ、FC東京の下部組織から移ってきた碓井は「去年も選手権に出られず、ユースに行けばよかったかなとも考えたけど、高校でサッカーやってよかった」と笑顔。唯一の山梨出身者であるDF藤巻は「最初は県外者とレベルの差を感じたが、今はひとつのチームですよ」と笑う。 山梨県勢初の日本一。それを達成したのは、まぎれもなく山梨の高校生だった。(森本利優)

TBSニュースでは、

「キャプテンとして今まで頑張ってきたんで、役に立てたと思うとうれしいです。みんなで胸張って、堂々と帰りたいです」(山梨学院大付  碓井鉄平主将)

ライブドア・スポーツから

「山梨の人も誇りに思ってくれると思う」と碓井

ほらー心も山梨県人じゃんけ。

選手たちは他の地域の大学とかに旅立つかもしれない。

帰っては来ないかもしれない。

でも彼らは立派な山梨県民です。

心の故郷に感じてもらうように祝福すべきなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

決戦は月曜日

国立競技場に応援に行ってきました。

勝った、勝った。

普段の代表戦やJリーグと比べると微笑ましい試合でした。

やっぱりディフェンスがいいチームが残りますね。Dscn0771a Dscn0776a Dscn0778a

矢坂中央の3番はよかった。

益子とか言われるとU字工事を思い出してしまった。

そういえば羽中田さん、水沼さんなどとすれ違いました。

羽中田さんは横森監督の弟子だしね。

でもメンバーに山梨出身者は少ないし、私立の中高一貫が強いのは時代の流れと割り切るしかないか。

月曜日は決選です。

1979年、81年、82年に韮崎高校が決勝で敗れて以来の雪辱です。

もちろん行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)